米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

盆栽

店長 : 近頃は、盆栽が流行りだそうです。

米つぶ : テレビでも、盆栽が登場する番組が、多くなりました。

店長 : 先日、見ていた盆栽の番組で、盆栽には正面と言うものがあると知りました。

米つぶ : そこで思い当たったのが、葛温泉の「かじか」にある 真柏 です。

店長 : この 真柏 の正面は、どこか?

f0224736_12060236.jpg
f0224736_12065651.jpg


f0224736_12083549.jpg
f0224736_12114439.jpg
 
結局 一周しましたが、良くわからずじまいで終わりました。

どっから見ても、かっこいい!

ちなみに、この超高そうな 真柏 は、糸魚川産のようです。 よそからの聞きかじりですけど。

米つぶ : 盆栽の正面がわからない店長が、正面の写真を撮ろうとしても、土台無理があるわけです。

[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2017-06-29 12:16 | Comments(0)

榎田踏切から


店長 : 近頃は、何時までも明るくて、店を閉めて帰る時間でも、この明るさです。

米つぶ : もう ひと仕事できそうですが、店長にその気はなし!

店長 : 結局は、陽の長さは、生活にあんまり関係ないということでしょう。

帰り際に榎田踏切の遮断機が下りて、車の中から、こんな写真が撮れました。

撮り鉄の人たちから見たら、随分おおちゃくな仕事ですね。

 
f0224736_10102693.jpg

f0224736_10111170.jpg
 
f0224736_10122278.jpg

 
f0224736_10125711.jpg
米つぶ : 閉店の6時半で、この明るさは、怪しいですね。 御得意の早帰りでは、無いでしょうか?

店長 : 念のため、時刻表を調べましたが、六時半前後には下りの列車は、乗っておりませんでした。

     臨時列車だったんでしょう?   

[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2017-06-24 10:21 | Comments(0)

野の花と暮らす


店長 : 信州を愛する大人の情報誌 KURA(くら)と言う月刊誌に、唐木さちさんと言う方の「野の花と暮らす」

     と言うコーナーが、あります。

米つぶ : いつも感心して店長は、見ていましたが 

      自分もやってみたくなって、一つしかない一輪挿しを引っ張り出して、真似してしまいました。

f0224736_13363629.jpg
店長 : アケビのツルを、店の空き地から切ってきて、生けてみたんですが、いかがでしょう。

米つぶ : やはり野におけ、レンゲソウ と 昔から言われていますが、これでは、アケビも切られ損と言うことでしょう。

店長 : せめて一輪挿しの水くらいは、こまめに変えてやりたいと思います。




[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2017-06-19 13:49 | Comments(0)

榎田踏切から

f0224736_09563591.jpg
店長 : 暑くなったり、寒くなったりで、温度差が激しくて体調を崩しているという方の話を、最近耳にしています。

米つぶ : 体調管理、しっかりお願いいたします。

店長 : こちらは、いつもの榎田踏切からです。

     雨飾山の雪が随分融けて、中の池くらいまで雪がなくなったでしょうか?

     田んぼの苗も、低温で発育遅れと言う声も聞こえますが、そこそこ順調のようです。

米つぶ : あんまり心配ばかりもなんですから、のんびり行きましょう! 

[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2017-06-18 10:07 | Comments(0)

美山の藪の中

店長 : 前回のブログで、藪に花がなくなったとお伝えしましたが、ササユリの時期であることを

      忘れてました。

米つぶ : それで、平日なのに藪へ行ってきたわけです。

店長 : ただ、ササユリの盛りは、過ぎてましてかろうじて撮影できたのが、こちらの2枚

f0224736_1571579.jpg


f0224736_1575352.jpg


このササユリは、藪の中ではなくて、土手を草刈りした後に、2本残っていたものです。

草刈のひとが、まわりの雑草を刈って、ササユリだけを残して行ってくれたものです。

米つぶ : この殺伐とした世の中に、このようなやさしい気づかいは、心にしみますね!

店長 : うれしくなったので、野アザミも、添付しておきましょう。

f0224736_15144553.jpg

[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2017-06-14 15:15 | Comments(0)