米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

松代 芝峠温泉

店長 : 新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、お客様の話等々から、ちょっと面白そうな情報を得ると、
     すぐに、行ってみたくなる癖が、治りません。

米つぶ : 今回は、バイク雑誌からの情報だそうですね。

店長 : バイク雑誌の峠道特集に載っていた、松代 芝峠温泉「雲海」は、美人林のすぐ近くで す。  美人林を、見て、国道253号にもどって、10分ほどで松代につきます。

米つぶ : 食事は、どーですか? おいしいものは、ありますか。
 
店長 : お昼は、これも雑誌の紹介で、善屋(よしや)へ直行、おいしいお蕎麦を、いただきまし     た。 古民家風の建物で、ちょっと高そうだなと思ったけど、おもいっきて入ったら、      なんとリーズナブル 満足でした。

米つぶ : 後は、お風呂ですね。

店長 : 松代から、山道を登ること約7分、芝峠につきます。

f0224736_13531121.jpg




     そこにある温泉が、「雲海」 日帰り入浴は、500円です。
     上の写真は、野天風呂からの眺めです。とーくには、ホクホク線が通っていて
     特急はくたかが通るのが見えました。
     足元には、棚田が、見えます。
     天気の良い日は、とーくに谷川岳や苗場山が、望めるそうです。
     



f0224736_13573963.jpg
     

米つぶ : ここの、名物は、何ですか?

店長 : 名前の通り、雲海です。 宿から眺める早朝の雲海が、素晴らしいそうです。
     でも、早朝となれば、私は無理ですね。

米つぶ : 雲海は、駄目でも、藪は、のぞきましたよね。

店長 : もちろんです。 ドクダミとヤマボウシです。しっかりのぞいてください。


 

f0224736_1475638.jpg




f0224736_1483648.jpg


ヤマボウシの白い花に見えるのは、実は、花ではなくて、葉っぱが、変化したものだそうです。  
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-06-28 14:12 | 粒つぶ旅行記 | Comments(0)

 美人林

米つぶ : なに!!!、美人林 美人が林のごとく並んでいるんですか?

店長 : 昼間っから、何を考えているんですか。
     松之山の有名なブナ林のことですよ。

米つぶ : ほ~、どんな美人が、いるのかさっそく見せていただきましょう。

f0224736_1510371.jpg





上が、美人林の入り口です。 そして、そのままずーと奥にお邪魔すると

f0224736_12321335.jpg






f0224736_12473428.jpg

小さな池が、あります。 なんとその池のふちに、泡の塊、大きさは両手ですくってあふれるくらい、これぞ「モリアオガエル」の泡なんです。 この泡に、卵を産んで泡の中でおたまじゃくしになると、下の池の水面に、ポトン、ポトント落ちて行くんだそうです。

f0224736_15113461.jpg

これが、泡の持ち主の かえる でしょうか?



そして、そばの土手に、そぉ~と立っていたのが、「ゆーれいたけ」涼しくなります。
正式には、「ギンリョウソウ」と言います。



f0224736_12454171.jpg






そして、店長もたたずんでいます。

f0224736_12571752.jpg



林の中を、グルーッとめぐって20分 お帰りは、こちらの「おみやげやさん」で
地元の物産を、お買い求めください。
ちなみに、私は、ブナの苗木を、1本300円で、5本買いました。
「へれっつぶ」(あさつき)もありました。

f0224736_15125648.jpg

f0224736_15131433.jpg

f0224736_15133386.jpg
 


すぐ隣には、コーヒーショップもありますので、いっぷくしてください。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-06-27 13:16 | 粒やき | Comments(0)

大糸線と稲

店長 : 大糸線キハ52のラストランから、3か月がたち、ようやく新車両になじみが、出てきました。

米つぶ : 駒ケ岳と雨飾山の雪が、ほとんど消えて、いよいよ夏を、迎えますね。

店長 : ゴールデンウィークに、植えた苗が順調に育って、稲刈りまでの折り返し点まで、きました。

米つぶ : 近頃の天気は、暑さ、寒さ、が極端に走るから、なんだか心配ですよね。

店長 : ちょうど梅雨時で、大雨で被害なんかが、でなけりゃいいんだけど。

米つぶ : まあ、豊作を、期待しましょう。

店長 : それじゃ、大糸線の新車両と、田んぼの稲の成長を,見ていただきましょう。
f0224736_1325396.jpg








f0224736_13262275.jpg

[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-06-25 13:29 | 粒やき | Comments(0)

藪のなか

店長 : この時期、藪のなかの主役は何といっても、ピンクの「ささゆり」だと思います。
    


f0224736_16243237.jpg





f0224736_16165543.jpg






米つぶ : これはまた、派手な赤ですね。

店長 : 子供のころ良くつまんで食べた「クサイチゴ」
     いつごろ何処に、イチゴが生るか、みんなよく知ってたもんだよ。



f0224736_16201911.jpg


    クサイチゴの花だよ。


f0224736_16423710.jpg






米つぶ : これもまた、妙な泡ですね?

店長 : シロオビアワフキ って言う 虫が、自分で泡を吹いてピンポン玉くらいの大きさの巣に、しているんだそうだよ。
     泡で、有名なのは、モリアオガエルだけどね。


f0224736_16212875.jpg




[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-06-24 16:45 | 粒やき | Comments(0)

郷土料理。



f0224736_16475726.jpg




この下駄を裏返したようなものは何でしょう。

間から葉っぱのようなものが出ていますが…。





正解はこれ、『笹ずし』です!

f0224736_16482534.jpg


糸魚川の根知地区に伝わる郷土料理で、

笹の葉の上にごはん(酢飯)をひき、その上に好きな具をのせていきます。

好きな具…その証拠に手前の2本は私の好きな「さけそぼろ」だけのっていますね。

この笹ずしは2段になっていて、だいたい上の段と下の段は違う具がのっています。

が、今回は同じ具でした!

f0224736_16484930.jpg





先ほど“下駄を裏返したような…”と書きましたが、この容れ物にはワケがあります。

笹ずしはごはんをしいて具をのせた後、ひっくり返して上から重石をのせて、

押しずしにするんです。

何段も重ねて重石をのせることもあるんですよ。 そのための、あの形...だったワケですね。

昔の人の知恵は素晴らしいものです。

f0224736_16522712.jpg





ちなみに糸魚川の中でも根知地区の笹ずしと、早川地区の笹ずしでは形が少し違うようで、

同じ糸魚川の味でも場所によって“伝統の味”が違うなんて、面白いですね。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-06-21 16:49 | 糸魚川 | Comments(0)

藪のなか

米つぶ : 最近は、美山の藪の中を、お見限りではありませんか?

店長 : とーい所の花ばかり気にかかってたけど、足元に咲く花も、忘れては、いませんよ。

米つぶ : 梅雨の時期の、藪のなかに顔を突っ込むとかぶれてしまいますよね。
 
店長 : そーだけど、勇気を持って藪のなかを、のぞいてみれば、なんと、もうすっかり
     夏の花にバトンタッチしてました。

米つぶ : それじゃ さっそくのぞきの成果を、拝見します。

店長 : これは、藪の奥の奥に咲く,ツルアリドオシの花, 秋につけた真っ赤な実が、
     まだ、残ってました。
     
f0224736_14465257.jpg

f0224736_1516542.jpg









     蛍が、出るころに咲くからでしょうか。ホタルブクロ
     そろそろホタルの季節です。

f0224736_15111911.jpg


     名前は、物騒だけどよく見ると本当は、かわいいウツボグサ

f0224736_15132559.jpg


スイカズラ、夕暮れ時に、良く似合いそう、ほろ酔い気分で眺めるとよさそうです。

f0224736_1517257.jpg


店長 : もっと咲いてますが、名前が良く分からないので、今回は、これまでです。
     次回を、お楽しみに
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-06-20 15:23 | 粒やき | Comments(0)

美山散歩コース

米つぶ : いよいよ糸魚川も、梅雨入りしましたね。

店長 : こんなうっとうしい日には、冷たい生ビールで、気分一新と行きたいね。

米つぶ : そんなことばかりしてると、成人病予備軍で、検診に引っかかりますよ。

店長 : そーだよね、そこで一念発起して、美山の散歩コースへ行ってきました。
     1周800mのコースを、あっちこっち眺めながら、歩いていたらいつの間にか
     1時間たってました。

米つぶ : 一念発起の割には、のんびりですね。

店長 : ストレス貯めながらの運動は、長続きしないしね。
     風を感じながら、のんびりが一番ですね。 それでも、このコースは、アップダウンがあ     るから、自然に心拍数もあがり 気持よく汗がかけるよ。

米つぶ : それでは、さっそく紹介してください。

店長 : コース概要は、このとおりです。

f0224736_13562540.jpg
 


    1周650メートルの、アップダウンの少ないコースもありますから、くれぐれも無理のな     いように、お願いします。


f0224736_13585864.jpg



コース東側は、日本海が一望できて、気持ちの良い風を、かんじます。


f0224736_1422534.jpg



f0224736_1424982.jpg


歩き終わったらグランドの芝生を、裸足で歩いてみてください。
    芝生のクッションと少しの凸凹で、疲れた足には、最高のマッサージになります。

f0224736_1410627.jpg


     このコースの、南側にも散歩コースを切ってもらえたら、北アルプスの白馬や雪倉、
     頚城連峰の駒ケ岳や雨飾を、眺められるのに今は、やぶだらけで残念です。
     ちょっとだけでも、のぞけるように藪をひらいてほしいですね。


    
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-06-19 14:21 | 粒やき | Comments(0)

かっぱ池

店長 : この樹木のトンネルを、くぐってしばらく行くと、

f0224736_9493885.jpg


店長 : かっぱ池に出ます。


f0224736_9501254.jpg



米つぶ : かっぱ池と言うくらいですから、当然、河童伝説ありますよね。
店長  : かっぱ見たいな、昔のガキどもの遊び場だったけど、かっぱにあったことはないね。

店長 : かっぱ池を、通り過ぎると、また、樹木のトンネル

f0224736_9544662.jpg



店長 : 振り返ると、かっぱ池


f0224736_9555961.jpg


米つぶ : 緑の洪水ですね。

店長 : フォッサマグナ・ミュウジアムの東の駐車場に車を止めて、歩いて10分で
     到着です。


米つぶ : 本当に、河童はいないんですか?

店長 : 日本の在来種の、めだか は、いるよ。
     のぞきすぎて、池に落ちないように注意が、必要です。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-06-17 10:01 | 粒やき | Comments(0)

梅雨入り間近。


f0224736_12243663.jpg



おや、米屋の前にたくさんの車が...。

ついにブログ効果で大繁盛かっ!?



いえいえ、この車はみんな大野の方々のもの。

今日は、牧江米店前の国道沿いにある花壇のお手入れです。

今回は藪の中ではなく、「花いっぱいの会」をのぞいてみましょう!


f0224736_12252262.jpg


f0224736_12272195.jpg


f0224736_12352269.jpg



こんにちは!
f0224736_12275490.jpg


「今日は蒸し暑いけん、がんばらんなん!」 
ちなみに、首にかけてる少々派手なタオルは、当店の名入れタオルです。
マリーゴールドと、マッチして、よくお似合いです。
f0224736_12285549.jpg

f0224736_12283038.jpg

年長さんのボクもしっかりお手伝い。
f0224736_12291540.jpg





季節がかわるごとに手入れをしてくださる皆さんのおかげで、

今回もきれいな花壇が完成しました!!

春はチューリップ、夏はマリーゴールドにサルビア。

これからのジメジメも、鮮やかな花の色で爽快ですね。

f0224736_12455291.jpg

[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-06-13 12:47 | 粒やき | Comments(0)

谷川岳 総集編

店長 : 6月1日に思い立って、谷川岳の一の倉沢へ行ってきたわけですが、
      天気が良くて、高速道路も北陸、関越ともにスイスイ走れて、快適に
      安全運転で往復500キロを走ることができました。

米つぶ : その割には燃費が、今一だったんじゃないですか?

店長 : 無事に、行って帰れれば、なによりです。

米つぶ : その通り、安全第一です。

店長 : では、もう少し紹介しきれなかった、写真がありますのでご紹介して、
      今回の、旅の閉めとさせていただきます。

f0224736_12582755.jpg
糸魚川を、朝七時に出発して、写真の一の倉沢出合に到着したのが、午前10時半
交通規制が、掛かっているときは、谷川岳ロープウェー乗り場までしか、入れませんので
要注意です。 




f0224736_14393678.jpg

マチガ沢付近の、ブナ林です。
ロープウェー乗り場から出合いまでは、こんな緑のなかを、ゆっくりと歩いて一時間ほどです。



f0224736_14435468.jpg
谷川岳ロープウェーは、往復2,000円です。 ちょっと高いかなとおっもったけど、なかなかの
景色と、他に比べて、安心感のあるゴンドラで、そこそこまんぞくしました。



f0224736_14484392.jpg
ゴンドラを、降りてリフトで、天辺まで行くと、谷川岳が、すぐそこです。
天神峠から天神尾根の登山道を2時間くらい行くと「トマノ耳」と「のぞき」ってところに、
つくようです。 なんたって「のぞき」ってくらいですから、一の倉沢を、上からのぞけるんだそうです。
そそられますよね

米つぶ : 今度の目標は、ここだな!!!
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-06-11 15:11 | 粒やき | Comments(0)