「ほっ」と。キャンペーン

米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

等級検査。

先日のこと。

牧江米屋の店先に見たことのない、でも、どこかで見たことのあるようなものが・・・。

f0224736_11334958.jpg


あっ!そうだ、テレビで見たことあるなぁ!新米の季節によく見るよね!

作業着を着たおじさん達が米袋にブスブス刺してるアレだ!

そうなんです、今日は新米の等級検査の日。

検査を始める前になにやら密談する人たちと、緊張気味の米つぶたち。

f0224736_11343189.jpg



f0224736_11391554.jpg

そしていよいよ検査開始。




まずは米袋にさっきのアレ…


f0224736_114003.jpg
「穀刺(こくさし)」を刺して


中の米つぶを抜き取ります。


1袋に2ヶ所。


f0224736_11425861.jpg
ブスブス、ブスブスと。


抜き取られた米つぶは


「みとり箱」に入れられ、


f0224736_11502885.jpg
穴の開いた米袋にはシールが貼られます。


私は検査員の後をついて周って、


せっせとシール貼り。


f0224736_11512117.jpg


見た目以上に強力なシールです。



f0224736_11432752.jpg


そして、みとり箱に入った米つぶは


明るい所で検査されて、等級が決まります。




「カルトン」と呼ばれる白と黒の


f0224736_11435117.jpg
お皿の上に広げて検査していきます。


等級が決まれば、あとは米袋に検査印と


等級ごとのハンコが押されて終了です。


f0224736_11451466.jpg



こちらは1等米。


f0224736_11443418.jpg



こちらは2等米。



こめの等級検査を、終えて

米つぶ : 先日は、ご苦労さんでした。

店長 : ちょっとやきもきしましたが、無事終了してよかったです。

米つぶ : 今年は、高温障害で、こめの品質低下がテレビや新聞で、報道されてますが
      どうでしたか?

店長 : 確かに、つぶの白濁、つぶが痩せているなどの障害がありました。

米つぶ : 新潟県産一等米比率過去最低の20%・・・ 猛暑による高温障害が原因か
      といわれてましたね。

店長 : 高温障害と言うのは、猛暑によりこめに栄養が行き届かないで、白未熟粒が発生して
     品質低下を、まねくと言うことです。

米つぶ : 夜に気温が高いままだと、稲の呼吸量を増加させ日中蓄えたでんぷんが、呼吸によって
      消費されてしまい、穂に、送り込む量がすくなくなってしまうんですよ。

店長 : 対策として、田んぼの水をかけ流しにして地面の温度を下げたり、
     成育状況に注意しながら、水と肥料で成育をコントロールするということが、肝要でしたね。

米つぶ : 米つぶ仲間も、これだけ気を使ってもらったら、元気に育ちますよ!!!

店長 : お陰さまで、当店では、集まってもらった、糸魚川産コシヒカリの75%が、
     一等米です。
無名、無印の未検査米の、米つぶ仲間も良い味だすように、がんばりますので、よろしくおねがいします。

米つぶ : 後は、店長の精米の技術次第ということでしょうか。

店長 : お客様には、充分心して販売させていただきますので、よろしくお願いいたします。
    最後になりましたが、仕入れ先の農家の皆さんには、大変な一年になりましたが、
    よくがんばって頂き、「ありがとうございました。」
     

  
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-10-30 11:47 | 粒やき | Comments(0)

真っ赤に燃~えた~。

太陽だ~から~・・・。

今日は牧江米店からこんな夕焼け空が見えました。


f0224736_1736152.jpg



青空に赤い雲。

何度見ても不思議な光景です。


f0224736_17362928.jpg


f0224736_17364496.jpg



牧江米店の2階の窓も夕日色でした。


f0224736_17375625.jpg

[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-10-29 17:38 | 粒やき | Comments(0)

寒いですねぇ~。

昨日は関東に木枯らし1号が吹いたそうですが、糸魚川も昨日、今日ととても寒いです。

こたつを出したりエアコンをつけたり、すっかり冬支度を済ませました。

ふと山を見れば、こちらもすっかり冬支度。

まだまだ序の口ですが雪が被っていましたよ。

f0224736_16254798.jpg


f0224736_16261479.jpg


左手前の山は『駒ケ岳』、標高1487m。 右奥は『雨飾山』で標高1963m。

雨飾山は日本100名山のひとつで、糸魚川市と長野県の小谷村を隔てています。

と言うことは、あんなに遠くまで糸魚川市なんですよねぇ~。

広い広い糸魚川。

毎日のように大雨注意報が発令されていますが、きっと山の上のお話なんでしょう。

でもクマ注意報は里のお話。

昨日は大野小学校周辺にやってきたようです。

毎日毎日、いったい糸魚川には何頭のクマがいるんでしょうか・・・。

f0224736_17354976.jpg


左下の建物が大野小学校。 牧江米店から徒歩15分ほどです。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-10-28 16:32 | 糸魚川 | Comments(0)

苗名滝 森のなか

米つぶ : 今日は、「森のなか」と言うことですが、いつもの藪のなかは、どうしたんですか?
      のぞくところが違うんじゃないですか。

店長 : 先日の、苗名滝に行く道中の森のなかを、歩いていて どーもどこかで見た
     景色のような気がして、仕方がなかったんですが、ようやく思い当りました。

米つぶ : 森のなかなんて、どこも同じようなもんじゃないんですか?

店長 : 確かにそうだけど、今日アップする写真を見てもらったら、みなさんもきっと
     どこかで、見たような気分になると思いますよ。

米つぶ : どれどれ、ではさっそく見せてもらいましょう。

 


f0224736_17442068.jpg


ブナ林の木漏れ日


f0224736_17461232.jpg


薄暗い岩屋のなかには、何かひそんでいそうですよね


f0224736_17492110.jpg


朽ち果てた倒木に、並ぶきのこは、小人の集会場の椅子の様です。
奥には、葉っぱのテーブルも用意されてます。

f0224736_17513374.jpg


滝の、飛沫を受けて、葉っぱの周りに集まった水玉は、妖精たちが、水甕を持って
集めに来そうですよね。

f0224736_17574730.jpg


こちらは、飛沫よけの傘の様。ここからもぎ取っては、傘を指していきそうです。

f0224736_1804181.jpg


ピンクの玉は、妖精たちが、もぎ取ってサッカーボールに、するんじゃないかな?


ここまで見ていただいたら、みなさんもおわかりいただけたと思います。
そうですね、 スタジオ ジブリが描く、アニメの森、其の物ですよね。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-10-23 18:21 | 粒やき | Comments(0)

苗名滝 藪のなか

店長 : いつか本物を、見てみたい。
     ちっちゃいことですが、そんな希望が、苗名滝のやぶのなかで、実現しました。
 
米つぶ : ほー いったい何ですか?

店長 : それは、ユキノシタ科「ダイモンジソウ」  大文字草と書きますが、いままで
     愛好家の、鉢植えの大文字草は、何度か見てきましたが、野生のは、見たことが
     なかったので、感激しました。

米つぶ : では、さっそく感激のおすそわけといきましょう。






f0224736_10151115.jpg



f0224736_10154814.jpg



f0224736_10162950.jpg



大文字草が咲いてる側に、重そうな一眼レフカメラを、ぶら下げたお年寄りがいたので
「大文字草が咲いてます」と教えたら、大文字草って、何ですかといわれて、「立派な
カメラも、宝の持ち腐れかよ」、と つぶやいた とたんに、車のキーを、なくしそうになりました。
くわばらくわばら、なんと、そく罰があたりそうになりました。

反省をこめて、一枚おまけです。


f0224736_12463586.jpg


ツリバナ(ニシキギ科)です。  
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-10-22 11:05 | 粒つぶ旅行記 | Comments(0)

米屋のいちじく。


f0224736_15512983.jpg



牧江米店の裏で獲れると言う、それはそれは美味しいいちじくがあるっちゃんね。

毎日カラスに先を越されんよう守ってきたいちじくは、

世にも珍しい『牧江米屋の白ワインコンポ-ト』ってなもんになったっちゃん。

しっかり煮てあるんに白ワインの香りがちゃんと残っとって、

フランスレストランのデザートみたいなん!

うんまいよぉ~。

おまんたもいっぺん作ってみない!




f0224736_15515153.jpg


牧江米屋の
いちじくの白ワインコンポート



【作り方】

材料

 * いちじく・・・大5~7個

 * 白ワイン・・・水より少し多い分量(1・1/4カップくらい)

 * 水・・・白ワインより少し少ない分量(1カップくらい)
 
 * はちみつ・・・大さじ1くらい

 * グラニュー糖・・・20gくらい(コーヒー用のスティック5~7本)

 * レモン汁・・・大さじ1くらい(1/6カットくらい)



1)いちじくの皮をむく

2)鍋に白ワインと水を入れて弱火にかける(※白ワイン+水でいちじくが隠れるくらい)

3)はちみつとグラニュー糖を入れて溶かす

4)いちじくを入れて強火にして沸騰させる(※アクが出るのできれいにとる)

5)4)で沸騰し、アクをとり終わったら弱火(ちょっとクツクツなる感じ)にして

  レモン汁を入れる

6)弱火のまま30分くらい煮る

7)いいかなと思ったら火を止めてそのまま冷ます

8)完全に冷めたらシロップごと冷蔵庫へ

9)食べる少し前に出して召し上がれ!



-POINT-

 ・はちみつの香りがすきな人は多めに入れて、グラニュー糖の量を調節する

   →白ワインの香り(味)が意外と強く残るので、はちみつの香りとケンカしないように!

 ・プレ-ンヨーグルトと混ぜて食べても美味しいです

 ・いちじくと一緒に5mmくらいにスライスしたリンゴを一緒に煮ると、

  リンゴがピンク色になってきれいです
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-10-20 15:53 | 粒やき | Comments(0)

マコモタケ。

先日、お客さんから『マコモタケ』をいただきました。

牧江家では初めてお目にかかります。

f0224736_15344661.jpg


外側の皮をとって、中心の茎の部分(20cmくらい)を食べるそうで、

その部分を『マコモタケ』と言うそうです。

全体には“マコモ”と言うイネ科の植物で、丈は2mにもなるようです!

マコモタケの味は生のままだと無味・無臭。

熱を通して食べると甘味が出て美味しい!と教えてもらったので、

天ぷらにしてみました。

f0224736_1542532.jpg


確かに、生で食べると味も香りもなかったのに火を通したてんぷらのマコモタケは

ホクホクして、さっぱりした“まっきび(トウモロコシ)”のような味に!!

びっくりしました!

塩で食べましたが、いくらでも食べれてしまうようでしたよemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif

生のマコモタケはシャキシャキした食感が楽しかったので、

バーニャカウダのようにマヨネーズやチーズにつけて食べてみたいと思いました。

他にも、キムチの素に漬けておいたり、キンピラにしても美味しいそうですよ!

マコモタケ、ぜひ味わってみてくださいemoticon-0157-sun.gif
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-10-17 15:56 | 粒やき | Comments(0)

無花果。


f0224736_14312021.jpg



牧江米店の裏で、栗に続いてイチジクが獲れました!

夏の暑さのせいか、青いまま全く大きくならなかったイチジクが

ここにきてようやく熟しはじめました。

小さな実ですが、美味しいイチジクです!
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-10-15 14:31 | 粒やき | Comments(0)

苗名滝。

9,10,11日の3連休、新潟はあいにくの雨空でした。

でも世間の連休は関係のない、牧江米店の定休日だった先日の火曜日に、

妙高市にある『苗名滝(なえなたき)』へ行ってきました。

糸魚川からは高速で1時間ほど。

妙高高原で高速道路を下りてからの道中からして、自然の中に滝があるだけだかと思いきや

立派な食事処があって、おまけにかわいいカフェまでありました。

f0224736_16583145.jpg


f0224736_16585257.jpg


滝を見に来たはずなのに、いつしか楽しみがソフトクリームに変わりつつあることは胸にしまって

いざ出発!!

f0224736_16592078.jpg



f0224736_16594578.jpg





大きなつり橋を渡って

先が見えず道を間違えたかと一度引き返すも

この道しかないので


f0224736_1703061.jpg
ダムのような壁の横の階段を登って、

ちょっとした山道を歩くこと20分。




小林一茶の句と共に見えてきました、『苗名滝』!

f0224736_1712449.jpg



紅葉にはまだ少し早かったようですが、連休の間の雨で見事な滝です。

f0224736_171554.jpg


f0224736_17531058.jpg


f0224736_17535092.jpg



f0224736_1723058.jpg




店長も思わず見惚れる…。





苗名滝は水柱も立派ですが、U字になった滝の出口(?)もすごいと思いませんか!?

私はあの奥に何かか住んでいる気がしてなりません。

f0224736_1725626.jpg




と、私も滝に見惚れていると店長は藪の中。

何を見つけたかは次回の「おまけ」でご紹介しますね。 お楽しみに!

f0224736_1732333.jpg







さて、往復1時間の散歩を終えて戻ってくると時間もお腹もお昼時。

“もりそば”と“きのこ汁”、“旨いカレーライス”を頂きました。

f0224736_1734963.jpg



食後はもちろん・・・!! ソフトクリームemoticon-0152-heart.gif

f0224736_1744781.jpg

f0224736_1745656.jpg
こちらのカフェでは

トッピングが自由にできるように

なっていて、

私はラム酒とアーモンドを

トッピングしてみました。




濃厚なバニラアイスにラム酒がピッタリで、アーモンドの香ばしさがまた美味しいこと!

我ながらよくできたトッピングでしたemoticon-0171-star.gif




そして本日のお土産は、

f0224736_17451794.jpg

妙高高原駅前の石田屋の笹寿司。

見た目は地味ですが、

味は地味ではありません。



f0224736_1746211.jpg

岩の原葡萄園のワイン。

スペリュール。

赤と白。



f0224736_1747286.jpg

ソフトクリームを食べたカフェ

「cafe gland」の

自家製かぼちゃプリン。

かぼちゃをそのまま食べているような

ホクホク感と、

ほろ苦いカラメルソースが

相性ばっちりでした!
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-10-14 17:06 | 粒つぶ旅行記 | Comments(0)

アケビの一年

店長 : ご無沙汰いたしました。 
     新米の集荷で飛び回っていまして、久しぶりに登場です。

米つぶ : 随分、新米があつまって、これからが楽しみです。
      こしひかり、こしいぶき、あきたこまち、こがねもちと、個性的な
      メンバーが、あつまってきました。

店長 : ようやくひと心地着いた所で、気になっていた「あけび」を、のぞいてきました。
     何といっても、「あけび」は、秋の代表格ですから

米つぶ : 「あけび」って、旨いんですか?

店長 : 種ばっかりで、食べるのは、面倒だけど、ほんのり甘くて口の周りがベタベタに
     なるんだよね。
     要するに、昔の子供の食べ物だよね。

米つぶ : では、さっそく見てみましょう。





春には、沢山の花をつけて存在を、アピール
f0224736_15331458.jpg





甘い香りが、漂ってきそうでしょ


f0224736_15371623.jpg







f0224736_1541395.jpg


夏には、小さな実がぐんぐん太りはじめて、一人前の「あけび」らしくなります。





f0224736_15431555.jpg


パックリとくちがあいて、うまそうになってます。


春は、新芽のおひたし、秋は、実はもちろんですが、皮のつけものなんてのもありますし
つる細工もできます。 野沢温泉では、余すところなく生活に利用してますよ。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-10-11 15:27 | 粒やき | Comments(0)