「ほっ」と。キャンペーン

米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

もういくつ寝ると・・・。

f0224736_17321226.jpg

                                上刈「市川鮮魚店」前にて。



昨日、今日と悪天候で気温もグッと下がった糸魚川。

昨日は一時、“あられ”(関東の方はヒョウと言うでしょうか。)が降りました。

インフルエンザの予防接種も始まって、本格的に冬に向かっていると感じます。



そんな糸魚川の牧江米店の店内には、早くもお正月ムードが漂い始めました。

f0224736_17342489.jpg


お鏡餅の販売スタートです!

大きなサイズは入荷が少ないのでお早めに!

f0224736_17362470.jpg




f0224736_17372199.jpg


この季節、店長はスキーのことで頭がいっぱい。

考えすぎて髪の毛が立っちゃいました。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-11-29 17:39 | 粒やき | Comments(0)

晩秋と初冬

米つぶ : 店長!! 今は、晩秋でしょうか? 初冬でしょうか?

店長 : 米つぶは、つまらないことで悩んでますね。

米つぶ : でも気になりだしたら、なかなか収まりがつかないんで困ってます。

店長 : では、はっきりさせるために、牧江米店の周りの、晩秋と初冬を探してみましょう。

山の紅葉もさびてきたこの頃ですが、美山公園には、まだ燃え立つようなモミジが残ってます。
これは、晩秋ですね。




f0224736_17372823.jpg


f0224736_1738769.jpg


黒姫山の初雪の残りは、 初冬でしょうね。
それに、湯豆腐に付き物の、ゆず これも初冬です。

f0224736_17511472.jpg


f0224736_17533857.jpg


店長 : ですから、晩秋と初冬が混在しているわけで、やはり、おさまりは尽きません。
     
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-11-27 18:01 | 粒やき | Comments(0)

冬支度。


f0224736_14545114.jpg


店内から見える紅葉も徐々に寂しくなってきた今日この頃。

牧江米店前の国道148号線からが・・・!?

f0224736_14553375.jpg



雪国の方にはお馴染み、都会の方は社会の教科書でご覧になったことがあるでしょうか、

“消雪パイプ”が早くも稼働中。

f0224736_1456640.jpg



こうして本格的に雪が降る前に点検が行われます。

先週から市内随所でこの光景を目にします。



あらあら、ここの消雪パイプは水が出すぎですね。

f0224736_14564991.jpg


ちなみに信号前に見える赤と白のしましまの棒は、

除雪のときに道路と歩道の境界線が分からなくならないように目印です。



水がきちんと出ているか、出すぎてはないか、最後は人の手です。

f0224736_14595142.jpg




冬支度。

もちろんこちらの準備も忘れません!

f0224736_1521289.jpg

[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-11-24 15:02 | 糸魚川 | Comments(0)

長野、お寺巡り。 おまけ


戸隠神社へ向かう途中。
f0224736_1442048.jpg



巨大な氷柱(つらら)を見つけた。
f0224736_1443818.jpg




戸隠神社にて。


f0224736_1462417.jpg


f0224736_146531.jpg


f0224736_14153981.jpg


f0224736_1474714.jpg



f0224736_1482145.jpg



f0224736_1484411.jpg




鏡池にて。


f0224736_149995.jpg

[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-11-24 14:11 | 粒つぶ旅行記 | Comments(0)

長野、お寺巡り。 その3

昨日の糸魚川は終日天気が悪くて“粒つぶ旅行”へ出かける気分にもならず、

テレビの前で千葉国際駅伝を見守った1日でした。

日本学連選抜が優勝して、

「単なるベストタイムの足し算が結果ではないんですね…。」

と、解説の増田明美さんが言ったのが印象的でした。




さぁ!『長野、お寺巡り。』も今回で第3弾!

鏡池を後にした私たちは白馬を目指していたはずが、気づいたら“善光寺”に着きました。

f0224736_1374134.jpg



こちらは重要文化財の山門(三門)。

f0224736_1395394.jpg


楼上には輪王寺宮筆の「善光寺」と書かれた額が掲げられています。

これは通称「鳩字の額」と呼ばれているそうで、3文字の中に鳩が5羽隠されているとのこと!

分かりますか?

f0224736_13122194.jpg


そして、善光寺と言ったら『牛に引かれて善光寺参り』。

「善」の一字が牛の顔に見えます!



一日に大きなお寺をハシゴしたからには御利益もいっそう、

「単なる(ベストタイムの)足し算が結果ではないんですね…。」

と、期待して「長野、お寺巡り。」のお終いです。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-11-24 13:18 | 粒つぶ旅行記 | Comments(0)

柿、りんご、みかん

米つぶ : 今日で三日、快晴が続きました。

店長 : ほんとに珍しいことだけど、後が怖いよね。

米つぶ : やたらとバイクが、走りまわっていますね?

店長 : 気温が10度を下回ると、バイクもつらくなるから、地元の
     バイカーが、冬眠前にと走りまわっているんだね。

米つぶ : 店長も、どこかを走りまわっていたようですが?

店長 : 私も負けずに、町内を走って「実もの三種」を撮影してきました。

米つぶ : では、さっそく見せていただきましょう。

店長 : 柿 りんご みかん なんですけど
     どれも、ミニ なんですよ !




f0224736_13452051.jpg


これは、大野のおだじまそば屋さんの、盆栽の豆柿


f0224736_1347359.jpg


これは、横町の豆りんご

f0224736_13482729.jpg


こちらは、自宅裏の上刈みかん
ほとんど、絶滅しかかっていたんですが、地元の有志の皆さんにより
復活しました。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-11-21 13:52 | 粒やき | Comments(0)

長野、お寺巡り。 その2


f0224736_1442393.jpg


f0224736_14432941.jpg



f0224736_1483463.jpg
戸隠神社奥社を参拝して

来た道を戻る途中、

道の両脇に流れる小川には“イワナ”が。

しずくも凍る気温の中、

実は水の中の方が温かいんだろうな

と思っていると・・・




f0224736_1492243.jpg


腹時計がなりました。



参道の入り口にあった食事処

『なおすけ』へ。


f0224736_14101618.jpg




戸隠蕎麦をお腹いっぱい頂きました。

私は天ぷら蕎麦を。

エビが大きかった!





満腹になって外に出ると午前中の雲がはれて、きれいな山と青空が!

木にかかった雪がモコモコと、山を見ているとは思えない、海中の珊瑚のようです。

f0224736_14115679.jpg


f0224736_14123258.jpg





f0224736_14125795.jpg

戸隠神社から少しのところにある“鏡池”は、

こんな感じ。



f0224736_1414471.jpg


f0224736_14142641.jpg


少し風はありましたがキレイに映っていました。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-11-18 14:14 | 粒つぶ旅行記 | Comments(0)

長野、お寺巡り。

                    ※ 追加更新してあります!



全国的に寒い1日となった昨日。 皆様、体調を崩されていませんか?

糸魚川も荒れた天気で雪が・・・?

f0224736_17361939.jpg


違いますね。

糸魚川はまだそこまでではありません。

ここは長野県は戸隠です。

昨日の粒つぶ旅行は『戸隠神社』へ行ってきました。

長野県に入ると周りの景色は紅葉から雪景色に色を変え、クリスマス気分が一気に高まります。

f0224736_1873443.jpg


f0224736_17372269.jpg


紅葉の上に薄っすらと雪がかかった山はただの“白一色”ではないところがこの季節ならでは。

道路にこそ雪はないものの、長野市に入ると道の両脇には雪がかかっていました。



さて、戸隠神社に着いた私たちは早速一番奥にあるお社「戸隠神社奥社」目指して出発!

まっすぐ続く1本道はどこまでも・・・どこまでも・・・続きます。

f0224736_17375570.jpg


f0224736_17382145.jpg



“ 一龕龍王祠 ”
(いっかんりゅうおうし)



f0224736_13561750.jpg


“ 随神門 ”
(ずいじんもん)
f0224736_17404488.jpg


f0224736_17412322.jpgf0224736_17414376.jpg


f0224736_1357924.jpg



門をくぐると両脇の杉並木は圧巻!

f0224736_17421937.jpg
f0224736_17423717.jpg



木はかなりでかい。



f0224736_17543731.jpg


御神木でしょうか・・・。





f0224736_12552248.jpg




“ 飯縄社 ”
(いいづなしゃ)


最後は階段。しかも1段1段が高い。

f0224736_17425973.jpg

f0224736_1314961.jpg


石仏。


f0224736_13315718.jpg

歩きはじめてから約40分。

ようやく奥社に着きました。

身を清めて心静かに参拝です。


奥社は思っていたよりも小さなお社でしたが、延々歩いてきて気分爽快。

f0224736_17434230.jpg


振り返れば雲も晴れてきて、遠くの山まで見えていました。

f0224736_17441412.jpg


f0224736_17443549.jpg






つづきはまた明日。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-11-17 17:44 | 粒つぶ旅行記 | Comments(0)

本日も虹。

最近よく虹がかかりますね。

良いことの前兆ならばいいですが・・・。


f0224736_17512436.jpg

[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-11-10 17:51 | 粒やき | Comments(0)

中房温泉 がまん道

店長 : 10月中ごろ、中房温泉へ行ってきました。紅葉を期待したのですが、
     ちょっと早かったようです。

米つぶ : あんまり聞いたことがありませんね?

店長 : 私は、今回が3回目ですが、行くたびに相当な「がまん」を強いられ
     いつも途中であきらめて かえろかな~、かえるのよそおかな~ と
     思案してしまいます。

米つぶ : あきらめの早い店長にしては、よくたどり着きましたね!
      よっぽどいいことがあるんでしょうか?

店長 : まあ 見ていただきましょう。

 
   

f0224736_1671827.jpg


日帰り湯の施設がありまして、こんな景色を、眺めながら野天風呂に入れます。

f0224736_1693456.jpg


源泉掛け流し100%、お肌が、ヌルヌル ツルツルになりまして、浴槽は、
熱湯、ぬる湯がありますが、熱湯は相当がまんが必要です。
ぬる湯の方は、快適な温度での~んびりはいれます。
これを、温泉の当たりが良いと、言うのでしょうか

f0224736_16174567.jpg


f0224736_1630415.jpg


ここ中房温泉は、近年1821年(文政4年) 百瀬茂八郎が松本藩の命により
明礬(みょうばん)の採取のため入山し明礬採取と湯小屋を始めたとあります。
明治45年には、ウォルター・ウェストン夫妻が来湯したこともあるそうです。
今では、燕岳(2763メートル)の登山口としても有名です。

中房温泉は、信州穂高温泉郷から北アルプスに向かって山に入ります。
山深かき谷あいのいで湯、と聞けばほのぼのとしてますが、ここにたどり着くまでに
13kmの狭くてカーブの連続を走ります。 ほとんどが、一車線で対向車よ、こないでくれと
祈り続けて走ります。相当神経が参ります。
片側は、岩がむき出し、片側は、足もすくみそうな崖、サルが出てきたり、クマの「うんこ」が
道端にあったりで、ハンドルにしがみついて、シートからは、背中が浮き上がります。
でも、それらをぐっとこらえて45分位で標高1462メートルの温泉に到着です。

一緒に風呂に入っていた松本から来たというお客さんは、三度目のトライでようやく温泉にたどり着いたと言ってました。

ではそんな、がまん道を、見ていただきたいと思います。

f0224736_17143656.jpg


こんな、くねくねが永遠と思われるほど続きます。

f0224736_1716183.jpg


これが、唯一と言っていいほどの、直線です。

f0224736_17173334.jpg


こんな看板が、突然あらわれて、恐怖がじわりと、襲います。

f0224736_17191376.jpg


ここから、突然水が、襲うようです。 ちょっと焦ったので、ピンボケになりました。

f0224736_17212569.jpg


f0224736_17215745.jpg


しかし、緊張の連続のなかにも、小さな滝や、山ぶどうの紅葉が気持ちを和らげてくれます。

などと言ってると、またこんなカーブです。
f0224736_17255442.jpg


これらの写真は、帰りに温泉に入って少し余裕ができたので、撮れました。

ようやくのこと、穂高温泉郷にたどり着いたら、リンゴが、歓迎してくれました。

f0224736_17305961.jpg


あー 疲れた。何のための休日か、分かりません。

米つぶ : うーん 人の生きざまみたいな、道ですな!!!!
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2010-11-07 17:37 | 粒つぶ旅行記 | Comments(0)