米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

暖寒。

昨日の糸魚川は最高気温18℃と、春を通り越して暑いほどでした。

しかし今日は一転、夕方から雪が降りだす気温。

昨日と比べてマイナス10℃、今日はまた厚い毛布を押し入れから出して寝ます。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-02-25 18:19 | Comments(0)

本州のはじっこ。

本州のはじっこ・・・それは下関。 ちょっと用事で行ってきました!

f0224736_15332087.jpg


ちょっと用事といっても、それはそれは大移動!

朝7:30に糸魚川を出発して下関に着くのは夕方4:00。

 北陸本線(1時間強)
  ↓
 特急サンダーバ-ド(3時間強)
  ↓
 山陽新幹線(2時間強)
  ↓ 
 山陽・鹿児島本線(15分)

実に8時間も電車にゆられ、おしりが痛くなります。



でも、地図でしか見たことのない関門海峡、関門大橋を間近に見て感動です。

f0224736_164422100.jpg


写真<左>は山口県、写真<右>は九州。

けっこう近いです!

ちなみに“関門”は(山口県)(福岡県)で、関門です。

私は現地で初めて知りました・・・。



下関と言えばフグ

下関はフグで溢れています!

道を歩けばマンホールが・・・

f0224736_16514458.jpg


f0224736_1653763.jpg


周りを見渡せば・・・

f0224736_16563545.jpg


見ているだけでは満足できない! 食ももちろんフグ!!

f0224736_16575111.jpgf0224736_1721797.jpg


f0224736_1712694.jpgf0224736_173793.jpg


f0224736_1735828.jpgf0224736_1744848.jpg



お腹がフグのようになりました。



また、さすが港町。 ブイを使ったこんなオブジェが。

f0224736_1795111.jpg

ほぉ~!カエルですね。


そして、最後には海響館(水族館)でイルカショーを見学。

f0224736_1716391.jpg


関門海峡に飛び出さんばかりのイルカたちのジャンプを見て感激し、

帰りも8時間、たっぷり電車にゆられ、おしりが痛くなるのでした。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-02-24 16:58 | 粒つぶ旅行記 | Comments(0)

流氷の天使。

今日は糸魚川で“流氷の天使”が見られると噂を聞いて、早速、取材へ行ってきました!



場所は上刈の市川鮮魚店。

f0224736_13113059.jpg



お店に入ると、ご主人が冷蔵庫の中から1つのビンを出してきてくれました。

f0224736_13115696.jpg


その中をよぉぉぉ~~~く見てみると・・・



いました! “流氷の天使”ことクリオネです!!

TVや水族館では見たことがありますが、まさか糸魚川で、しかもこんなに間近で見られるとは!



ブログに載せようと一生懸命、写真撮影 066.gif

f0224736_13173447.jpg


f0224736_13344376.jpg


f0224736_1318012.jpg


う~ん・・・なかなか上手く撮れない。



諦めかけて、ヤケッパチの1枚・・・。

f0224736_13193559.jpg


撮れたぁーーー!!

クリオネの頭のツノみたいなものもちゃんと写っています!



やはり天使を見るときは、欲をもっていてはいけないのですね。

常日頃から心をキレイに、

そうすれば見えなかったものも見えてくるかも知れません。・・・ね。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-02-19 13:25 | 糸魚川 | Comments(0)

孝行猿の話

大野区、小坂のごんべい岩のそばの、バス停
三角屋根に、こんなペイントがしてあります。



f0224736_112485.jpg


「孝行猿、勘助の里」孝行猿の話は、昔から知っていましたが、
大野地区と、永いこと何の関係があるんだろうと思っていました。

先日、JAヒスイの広報誌「ひすいのさと」を見てやっと由来が、はっきりしました。
みなさんに、ひすいのさとの記事を、紹介します。

信州長谷村に、保坂勘助というおとこがいた。
ある日勘助は、子猿と一緒にいた親猿を、射とめた。
その夜、物音で目を覚ました勘助は、子猿が囲炉裏の残り火で、手を温めては、
吊るされた、親猿を生き返らせようと、一生懸命さする姿を目にした。
勘助は、親猿を射止めたことを後悔し、猟をやめ、
故郷の家族を、おもいだして泣いたそうだ。
その故郷が、大野だった。

米つぶ : 親の思いは、なかなか子に届かぬものですが、子の思いが、
      届かぬのも、なかなか切ないもんですね!!!

店長 : 涙か出そうなので、このへんで
     
米つぶ : 店長、はなみずもでてますよ。

店長 : 涙もはなみずも、成分は、大した違いは、なかろうに

米つぶ : しょぱさが、ちがいます。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-02-18 11:30 | 粒やき | Comments(0)

白馬五竜スキー場 いいもりゲレンデ その4

昨日の休みは、早起きして午前の部のポール練習に、入りました。
白馬に近づくとしだいに、雪となり、南小谷の駅では、除雪のロータリー車が、出ていました。
これは、シャターチャンスと思いましたが、路肩に車を寄せきれず、断念しました。

いいもりゲレンデでは、全日本学生基礎スキー大会が、行われていましたが、降雪のため
バーンが柔らかく、エッジコントロールが、難しそうでした。




レーシング・スクールのバーンも同様で、コース上にモサモサと、雪が溜まり
苦労しました。

これは、スタートを待つ、学生たち

f0224736_17472748.jpg

f0224736_17475070.jpg


寒い中並んで待っているのは、結構つらいですよね。
身体が、こわばってスタートで、ギクシャクしてしまうしね。
何といっても、緊張でトイレに行きたくなるし、でも若い人は、大丈夫かな?

こちらは、練習の準備完了の、コースを上からのぞきました。
ここは、待ち時間ほとんどなし。
返ってそれがつらくて、4~5本滑ったら、下のレストランでコーヒータイムです。
やっぱし年だから、大目に見てもらいます。

f0224736_1756583.jpg


そして、やっぱり昨日は、さむかったんでしょうか?
こんな写真も撮れました。

f0224736_17583497.jpg


なんだか分かりづらいかもしれませんが。
コース脇のロープに出来た「えびのしっぽ」です。
空気中の水分が、寒さで凍って、ロープに吹き付けると、風上の方向に氷の結晶が、
発達していく現象です。

お昼は、もちろん「モツ煮込み定食」で、午後は、フリースキーで、コーチに指導された
欠点を修正しようと思ったんですが、やっぱり寒いのでちょっとだけやって、
帰ることにしました。

米つぶ : 進歩が、遅くても仕方ないですね。
店長 : 無理して怪我しても仕方ないからね。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-02-16 18:15 | 粒やき | Comments(0)

ニッポン:インポッシブル。

昨日の放送はご覧になりましたか?

ホテル国富がけっこう映っていましたね!! 受付のお姉さんは私の同級生でした。

ゴールが目前になってきましたが、来週はどんな風景が映るでしょうか。



TV『ニッポン:インポッシブル

フジテレビ系(新潟県内はNST新潟総合テレビ)で毎週火曜、夜11時から放送。

次回は3月1日(火)です。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-02-16 13:58 | 粒やき | Comments(0)

白馬五竜スキー場 いいもりゲレンデ その3のおまけ

米つぶ : 店長のスキーは、レーサーぶっている割に、レース本番より
      いいもりでの、練習の方が大変みたいですね。

店長 : レース本番の、ただ一本の滑りに懸けるために、むつむつとやっているんですよ。
     ただ、目に見える進歩が、なかなかないのが、もどかしい!!!
     でも、確かな手ごたえは、ありますよ。

米つぶ : ただ、でも、だけでは、タイムが出ないのも現実ですね。

店長 : 結果が、すべてか! そんな中にも、小さな喜びは、ありますが。

練習が終わって、お昼に会った糸魚川の友達と、ゴンドラでアルプス平へ登りました。
アルプス平の雪は、踏みつけると キュ キュと鳴くんで、嬉しくなりましたが、
もうスキーは、あきたし、何か面白いことはと、周りを眺めると、なんと、地蔵の頭が
くっきりと出ています。
地蔵の頭は、白馬五竜のスキー場の「てっぺん」です。
「ばかと煙は、高い所にのぼりたがる」とばかりに、早速、挑戦です。

板を脱いで、スキー靴でとりついたんですが、登り口は、40度位の急登
クツ先をくい込ませ、ストックを刺して、体を保持してやっとこさ。

 


f0224736_137998.jpg


友達には、ちょっと迷惑かけ掛けましたが、
それでも、登ってしまえば、この態度

f0224736_1392842.jpg


後ろには、五竜毘 でも寒いです。 息つきのない冷風が吹きつけて
直に体が、ガチガチになってきました。

f0224736_13105429.jpg


下りは、40度の壁を、降りるわけにはいかないしと思って、回り道をさがして
なんとか降りましたが、はじめに、この道を登れば、良かったねと、二人で「にがわらい」

帰りには、白馬駅前のヤマト屋スポーツで、本番用のワックスを、仕入れて
白馬駅前からの眺めは、このとうり!!!
さすが、北アルプスの町 

f0224736_13251880.jpg


もうすぐ、暗くなるし
さぁー、居眠りしないように、家に帰えろ。

    
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-02-12 13:28 | 粒やき | Comments(0)

白馬五竜スキー場 いいもりゲレンデ その3

f0224736_15404029.jpg



こんな夕焼けを、見ると、翌日の天気が気になって仕方がありません。

そして、翌朝は、まずまずの天気で、スキー日和
朝一の用事を済ませて、牧江米店を10時半
すかさず、いいもりを目指して、発進です。

f0224736_1546028.jpg


ここは、根知の交差点、左へ曲がるとシーサイドバレースキー場
迷うことなく直進で、写真の一番奥に見える白馬岳の裏側を、目指します。

f0224736_15491721.jpg


走ること、一時間弱で、この景色

f0224736_1552291.jpg


今日は、午後一時からのポールレッスンなので、まずは、 いつもの
モツ煮定食で腹ごしらえ、メインのモツは、柔らかで、ごはんは、大盛り
野沢菜の油炒めはサービスで、野沢菜漬けは、食べ放題
かれこれ15年も食べ続けているので、注文するときは、ちょっとはずかし!
近頃では、食堂のおやじさんが、いくらなんでもそろそろ違うメニューは
どうなのよ? と、思っているかもしれません。

f0224736_164839.jpg


1時ちょっと前には、練習バーンへ
なんと、練習バーンは、一度ゆるんだ雪が今朝の冷え込みで凍って、ガチガチに
なってました。
何人滑っても、ほとんど掘れることなく平のままです。
一緒のバーンでは、きっと日本で有名な若手のレーサーなんでしょうけど、こんな固さを、ものともせず、おもいきり倒しこんで、滑っていました。
同じ人間なのに、どうしてこんなに違うんだろーと、感心します。

米つぶ : 道具が、同じでも、 若さが違う、センスが違う、心がまえが違う。
      これだけ違えば、天と地ほどの差がでるのは、当たり前。

滑ること8本、牧江さんそろそろでしょう。(限界)とコーチから声がかかり練習終了。
疲れた体で、見上げるこの景色に、今日も満足。
やっぱり、この景色が大好きなんです。
f0224736_16222873.jpg

[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-02-11 16:32 | 粒やき | Comments(0)

ニッポン:インポッシブル。

毎週火曜、夜11時からフジテレビ系で

ニッポン:インポッシブル』という番組が放送されています。

この番組では“ひたすら県境を歩いてみよう!”という企画で、

若手芸人が東京と千葉の県境から日本海を目指して歩いています。

ゴールは日本海で、新潟と富山の県境とのことなので、

そこはまさに・・・糸魚川!? そう思って初回から見ていました。

回を重ねていよいよゴール目前!

昨日までの放送では、新潟と長野の県境がある白馬岳を歩いていましたが、雪のため断念。

迂回ルートでゴールを目指すかたちとなりました。

来週の予告では糸魚川のホテル国富がチラッと映っていたので、

糸魚川の山奥が映りますーーー!!

みなさん是非見てみてくざさい056.gif056.gif
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-02-09 13:33 | 粒やき | Comments(0)

糸魚川弁講座 その1 【こく】

はじめまして、糸魚川弁講座へようこそ!

ここでは普段の会話に出てくる糸魚川弁を紹介していこうと思います。

一口に“糸魚川弁”と言っても、糸魚川のなかの地域によって言い方が違う言葉もあります。

特に文献を参照することもなく、“こんな感じで使うよ~。”という感じで紹介しますので、

なんとなく読んでください。



記念すべき第1回目は【こく】をご紹介。

【こく】は標準語で言うと【~する】とか【~を言う】といったところでしょうか。

  ・びっくりこいた → びっくりした

  ・屁こく(屁っこき) → オナラする(オナラをした人)

  ・嘘こく(嘘こき) → 嘘を言う(嘘つき)

  ・やけこく(やけこき) → やけになる(カンシャクを起こす子供)


~例文~

今日は良い天気だもんだもん、ネコたちゃみーんなで昼寝こいとるわ。

(訳)
今日は良い天気なものだから、ネコ達はみんなで昼寝しているよ。



こう言う状態ですね。

f0224736_1545757.jpg



 
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-02-03 15:05 | 糸魚川弁講座 | Comments(0)