「ほっ」と。キャンペーン

米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ちょっと 散歩してみました。

米つぶ : 店長は、いつになくがんばっております。

店長 : この時期は、新米の仕入れと、新米の販売を、一度にやるもんだから
     忙しくてたまりません。

米つぶ : 定休日も、働いてますね

店長 : そーですね、定休日を2回返上です。
     それでも、お客さんの新米はまだかと言う注文に、こたえるためには、
     がんばります。

  でも、27日の定休日は、4時過ぎに仕事にけりがついたので、ちょっと美山を
  散歩することが、出来ました。

  行き先は、美山の半分だけ出来た、北アルプスを眺める散歩道です。

 

登り口はここ
f0224736_1095526.jpg

ひと坂登って平に出ます。 右手には、いつ頃植えたのか、桜並木が現れます。
f0224736_10122673.jpg

ちょっと進むと、キャンプファイヤーの広場です。
入り口から、100メートル足らず、完成しても200メートルもない、小さな散歩道です。
f0224736_10155839.jpg

その先は、まだ藪の中 何時になったら開通するのでしょうか?
なたや鎌を買って、散歩道の造成のお手伝いを、させてもらうつもりなんですが
なれないことは、ケガの元とも、言われますし
f0224736_1017342.jpg


こちらは、一周800メートルの既に完成している、海の見える散歩道
f0224736_10304021.jpg

日も傾いて、北アルプスも眠そうになってきました。
f0224736_10322030.jpg

そろそろ帰って、疲れ取りの一杯でも、やりますか
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-09-29 10:22 | 粒やき | Comments(0)

  でかッ

米つぶ :店長が、秋になり、稲刈りばっかりに目をやっているうちに、店の周りでは、
     別の(秋)も、ありました。



この ドングリは、店の雑木林の中のドングリです。
f0224736_10193766.jpg

右下が、普通のサイズです。 

こちらは、店の裏に植えてある、栗
f0224736_1022672.jpg

大きい方は、店の栗、 小さいのは、近所の山の、しば栗です。

米つぶ : 大きなドングリと、大きな栗のお話でしたが、小さな秋の報告です。
      「ではッ」
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-09-27 10:26 | 粒やき | Comments(0)

大雪渓の帰り道

f0224736_1041780.jpg

店長 : 大雪渓まで、行ったわけではありませんが、途中から引き返して
     ちょっとレポート致します。

上の写真は、やまぶんど まだ青いですけど、いい房です。
真っ黒くなって、実が熟すころ、もう一度来ようかな。

 

f0224736_1055430.jpg

ミヤマアズマギク

f0224736_106177.jpg

ハクサンボウフウ
大雪渓は見られなかったけど、雪の様な白さに、感激です。

f0224736_1064166.jpg

ウメバチソウ
透明な球が並んでいる様子は、食虫植物の蝕しみたいです。

f0224736_1072353.jpg

苔をつたって滴り落ちる水の、うまそうなこと
でも、唐松での失敗があるので、簡単に口にはできません。

f0224736_1074858.jpg

ちょっとお待ち下さい。 只今、さがしています。
きのこは、専門外です

f0224736_1081070.jpg


f0224736_1083455.jpg

ブナの大木には実が、いっぱいついていました。
この秋は、クマも一安心です。

f0224736_1093064.jpg

ようやく帰りついて、当店の相棒が、見えてきました。
f0224736_1095253.jpg

枯れた大木に、大きな穴があいて、丸が出来ています。
f0224736_10102859.jpg

帰り際に、見つけた、キバナツリフネソウそうです。

新米入荷以来、お陰さまでお客様からのご注文を、沢山いただき
ブログの完成に、3,4日もかかってしまいました。
正確には、未完成ですが、これにてひとまず終了と、させていただき来ます。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-09-20 10:11 | 粒やき | Comments(0)

いよいよ本番



f0224736_13125985.jpg

米つぶ : いよいよ、コシヒカリが、穂を垂れてきましたね。

店長 : 「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」 確か、先日もこのフレーズが
     出てきましたね。

米つぶ : 判ってますよ。

店長 : いよいよ、この連休で、稲刈りが本格化しようという時に、天気が
     ぐずついて、しまいました。

米つぶ : 連休の入りは、素晴らしい天気でしたが
f0224736_13201341.jpg

店長 : ご覧のとうり、朝一は、白馬、鉢が岳、雪倉とスッキリでしたが、
     だんだん天気が、あやしくなってしまいました。

米つぶ : しかし、今年の米は、うまい!!!
      店長が、いつも追いかけている、上品な香りも、感じました。

店長 : 透明感も、チガます。
f0224736_13252353.jpg

イナゴも、実感しています。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-09-19 13:30 | 粒やき | Comments(0)

只今、新米のごはん 炊き上がりました。

店長 : 朝 8時に早川の五十嵐さんの こしひかり を 集荷に行ってきました。

米つぶ : 店長にしては、早起きしましたね。 

店長 : 約束の時間に遅れては、ならじと6時半には、目が覚めてしまいました。

米つぶ : 今年のお米は、良さそうですね。

店長 : 何年ぶりでしょう? この香りと、透明感!!!!!




f0224736_1305142.jpg


f0224736_1311551.jpg


f0224736_1314890.jpg

上の写真、3枚は、昨日の田んぼの様子です。
こちらの田んぼは、出穂の時からの気温の積算が、もうちょっと足りないとのことで
稲刈りは、17日ころでしょうか。

五十嵐さんの、こしひかりを、はやる心を抑えて、車から降ろします。
f0224736_13161820.jpg
f0224736_13165236.jpg
f0224736_13173036.jpg

慎重にやれよ!!!

さっそく、精米しました。 新米を精米している、精米所は、新米のにおいが
立ち込めて、米屋やっててよかったな~ と 思う瞬間です。

新米のおにぎり、どーでしょう。
f0224736_13215270.jpg

この香り、この透明感、今年の出来は、上等です。
米つぶも、しっかりしてます、 甘味も濃い

米つぶ : そんなに、褒めても何にも出ませんよ。
      あとは、この倉庫に仲間が、一杯になるのが、待ちどうしいですね。
f0224736_13271438.jpg

[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-09-12 13:02 | 粒やき | Comments(0)

ちょっと、散歩してみました。

米つぶ : きょうは、11日の日曜日、いつもの年なら店の周りの田んぼは、
      いっせいに、稲刈りが始まるんですが、ほんのちょっと刈りはじめた
      ばかりですね。

店長 : そーなると、本格的に始まるのは、17日からの、連休ですね。
     ここのところ、気温が低めで、生育に遅れが出たということですね。

店長 : 先日新米商戦が、始まる前に気持ちを、落ち着かせるために、またしても
     ちょと、山へ行って散歩を、してきました。

米つぶ : ほー、どこですか?

店長 : 白馬岳の登山口の 猿倉の周りを、ちょっとだけ歩いてみました。

白馬と言えば、大雪渓と有名ですが、その途中まで行ってきました。
     
 

f0224736_143444.jpg

白馬駅から、車で山道を30分位で、猿倉の小屋につきます。
f0224736_14363475.jpg

ここは、標高1250メートル 大した高さではありませんが、空気は清々しく感じます。
f0224736_14383232.jpg

まずは、うどんで腹ごしらえ、まさに素うどん
f0224736_14402863.jpg

案内板のままに、出発です。
f0224736_14413788.jpg

この道を、シーズン中は、列をなして登ります。
f0224736_14573990.jpg

きょうは、だーれもいなくてのーんびりと、登ります。
f0224736_14593349.jpg

15分程で、この看板 車道に出てしまいました。
f0224736_1505394.jpg

ほどなく、鑓温泉への分岐、ここから5時間で、日本一高い所にある露天風呂に
到着です。 ひと汗流すには、ちょっと遠いので、直進です。
f0224736_151730100.jpg


看板を、横目に15分程で、この景色です。もう少し先の谷あいを抜ければ
大雪渓は、すぐそこなんですが、今日はここまで
f0224736_152233100.jpg

白馬の横っぱらを眺めて、帰ります。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-09-11 13:54 | 粒やき | Comments(0)

立山登頂

店長 : 新米入荷がちかずき、体力勝負の時期が、やってまいりました。
     先日の、唐松岳に続き、体力増強のために、立山へ行って参りました。

米つぶ : あんまり頑張ると、勝負の前に疲れが出る恐れもありますが?

店長 : 8月最後の休みなので、ここで、鍛えておかなくちゃという、思いです。

米つぶ : 天気は、ドーでした。

店長 : 朝起きると、なかなかいい天気で、天気予報と違って青空でした。
     それではと言うことで、家を朝九時にスタートです。

     立山駅が、10時半着 待ち時間ほとんどなしで、ケーブルカーに乗って
     美女平へ、 ここからは、バスで室堂までは、1時間

     美女平から、登るにつれ雲が出てきて視界がきかず、期待していた
     剱岳が、全く見えず。
     
     それでも、室堂まじかで、雄山が、くっきりと現れました。

     室堂駅に到着が、12時ちょうど、3人でターミナルのそば屋さんで、
     天ぷら蕎麦でも食べて、「がんばろう」と思ったら、何と、お金がない
     手持ち金が、330円 ぽっきり!!!!

     お金を、立山駅の駐車場の車の中に、忘れてしまい、スキッぱらで考えたことが、
     「登山そのものは、無料だし」と言うことでした。

     リュックの中の、カロリーメイト 3箱のみをたよりに出発です。
 

室堂平は、2400メートル 出発は、12時半
目指すは、雄山のてっぺん、3003メートルです。
f0224736_155103.jpg
 
玉殿の湧水で、ペットボトルを満たし、これで、水はただ
湧水のたまりに、お賽銭の500円玉を発見、 つい腕をまっくてしまいました。
f0224736_15243133.jpg

室堂から、1時間ちょっとで、300メートル登って、一の越へ到着、
f0224736_1536272.jpg

f0224736_1536531.jpg

峠にたどり着くと、この景色 後ろ立山を、一望です。
f0224736_15375067.jpg

ここで、唯一の食料、カロリーメイトを、半箱食べて雄山への登りに備えます。
トイレの100円も払えず、恐縮ですと言いながら、用を足して、スキッ腹のまま登ります。

一の越を、上から見ると、この感じ
f0224736_15515577.jpg

さらに登って、二の越へ、まだまだてっぺんは、遠くです。
f0224736_15555642.jpg

三の越まで辿り着き、頭の上に雄山神社が見えてますが、ここからが、辛い
f0224736_15584261.jpg

何とか、303メートルを登り続けて1時間、3003メートルのてっぺんに到着です。
f0224736_1632335.jpg

本来ですと、ここでお祓いを受けて、家内安全、商売繁盛と行くとこですが
500円がなく、それもままならず
f0224736_1635555.jpg

案内図を眺めて、先日登った唐松岳を探します。
f0224736_1645659.jpg

足の下には、黒四ダムが、見えます。
時間はと言うと、午後三時、コケない様に帰りましょ。

それにしても、スキッぱらの登山は、こたえます。


  
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-09-05 16:23 | 粒やき | Comments(0)

唐松岳 花ばなし その2 要注意

米つぶ : 前回の花ばなしで、店長は、大きな過ちを、犯しました。
      今回の、花はなしを、しっかりお読みください。
 
店長 : 前回の花ばなし(NO26) 写真の赤い実は、オオヒョウタンボクの実です。
     この実は、ほとんどの種で猛毒を含み、「信州では、昔からヨメゴロシや
     ドクブツの名さえある」と植物図鑑に、載っていました。

米つぶ : 赤くて可愛い実だからと言って、決して食べないでください。
      見かけで、騙されてはいけません。

f0224736_9451270.jpg
  
 

オオヒョウタンボクは、スイカズラ科に属します。

スイカズラは、古くから薬用植物としてしられ、花部の生薬名は、忍冬(にんどう)と
いい、利尿、膀胱炎、腎臓炎その他の効用が、あるそうです。

薬も毒のうちとよく言われますが、オオヒョウタンボクの実は、要注意です。

オオヒョウタンボクのことは、もうすぐ日本百名山を達成しようかと言う、友人から
「それは、食べては行かんぞ」という、電話をもらって、あわてて調べなおしました。

米つぶ : それにしても、可愛い実ですね。

店長 : 昔から「可愛い実には、毒がある」と、言われています。

米つぶ : ???いずれにしても、要注意です。



  
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-09-03 10:14 | 粒やき | Comments(0)