「ほっ」と。キャンペーン

米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

美山の紅葉

米つぶ : 昨日は、なんと生ぬるさを感じるくらいの、温かさ

店長 : めっけもんでした。 おかげで、美山の紅葉を堪能することができましたので、
     さっそく、ご報告いたします。


f0224736_17313528.jpg

まずは、足元から
f0224736_17323212.jpg

散歩道から
f0224736_17334868.jpg

南斜面
f0224736_1734217.jpg

コムラサキと一緒に
f0224736_17354498.jpg

燃え立つもみじ
f0224736_17362110.jpg

一葉でも存在感
f0224736_17365816.jpg

とにかく、赤い
f0224736_17373825.jpg

堂々と、赤い
f0224736_17383147.jpg

紅葉のトンネル!!! でも、ちょっと遅かったです。 落ち葉の廊下は、どうでしょう
f0224736_17391084.jpg

店長 : 武蔵野って、こんな感じですかね

米つぶ : 知ってるんですか? 武蔵野
      ただの藪なんでしょ

店長 : ずーと糸魚川で、育ってましたから、よく知りませんけど。
     美山を、歩き回って結構な汗をかいて、気分爽快になりました。

米つぶ : 明日から、12月だというのに、この天気ですから、雪は、当分望めませんね。
f0224736_17505033.jpg

転調 : これは、漆の木、子供のころは、これにかぶれては、随分とかゆい思いをさせられました。

米つぶ : 悪い奴ほど、赤くなる? 


   
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-11-30 17:52 | 粒やき | Comments(0)

雪が降りてきた。

米つぶ : 今日は、あったかいですね

店長 : まだ、体が寒さに慣れてないから、先週の寒さは、応えたね。

米つぶ : 山の雪も厚さを増して、冬らしく、なってきました。

店長 : では、糸魚川の周りの山々の雪の状態を、見てみましょう。



f0224736_9593758.jpg

有間川から米山を眺めて、 標高993メートル  
f0224736_101361.jpg

能生から、黒姫山をみる
f0224736_102396.jpg

早川橋から焼山を見る
f0224736_1030100.jpg

焼山のアップです。 標高2400メートル
f0224736_103486.jpg

美山から白馬を,望む。 標高2933メートル
f0224736_104531.jpg

黒姫山です。 標高1222メートル
f0224736_1055595.jpg

裏の田んぼから、頸城連邦を望む

店長 : 雨飾りは、標高1963メートル 駒ケ岳は、標高1487メートルこうしてみると
雪は、標高700メートルくらいまで、降りてきているということです。

米つぶ : 里まで、来るのももうまじかですね。

店長 : 冬支度を、急ぎましょう。

米粒 : よーするに、スキーの準備ということです。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-11-28 10:17 | 粒やき | Comments(0)

再び、飯山へ  おまけ

飯山へ行ったら立ち寄らないわけにはいかないのが、野沢温泉。

今回は地元の方しか入れない“茹釜”で野沢菜(?)を茹でている光景に遭遇!
本当は、あおずいき を茹でています。

f0224736_16525724.jpg


温泉で茹だるなんて、贅沢な野菜。

きっと美味しくなるんだろうな・・・。

もちろん私たちも、しっかり茹だってきましたよ!

f0224736_16551967.jpg

[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-11-26 16:55 | 粒つぶ旅行記 | Comments(0)

再び、飯山へ

店長 : また、また、飯山市へ、行ってまいりました。

米つぶ : そーいえば、前回、飯山通のお客様に、高橋まゆみ人形館を見てないのか、と言われましたね。

店長 : そのこともあって、末の娘が、休暇をもらって下関から、帰ってきましたので、どっかえ連れて行こうということで、リベンジです。
     
糸魚川から、豊田飯山ICまで1時間ちょっと、途中のトイレ休憩は、黒姫野尻湖パーキングエリア
なんといっても、ここは、トイレがきれい。何にもないところですが、立ち寄る価値は、ありますよ。 心と体がすっきりして、安全運転ができます。


f0224736_11245628.jpg

パーキングから、すぐ豊田飯山で高速を降りて、近くの道の駅で飯山の情報収集です。
まずは、高橋まゆみ人形館を目指します。
飯山の市街地に入ると、造作なくたどりつくことができました。
f0224736_11305825.jpg

館内は、撮影禁止ですので、お見せできませんが、マー大したもんです。
必見の価値あり!!!!
どの人形も、いい顔してます。 自分が年を取っても、こんな顔していたいもんだと、思いました。
フロアでは、愛想のいいおばちゃんが、忙しくお客さんに、声がけをして説明をしていましたが、
なんとそれが、館長の高橋まゆみさんでした。
外へ出てこられた館長さんに、お願いして、一緒に記念撮影をしてもらいました。
f0224736_11394995.jpg

気持ちが、すっかりほころんだところで、お昼となり、やっぱり本多へ直行です。
今日は、ウナギの肝焼きとレバー焼き
f0224736_11505298.jpg

メインは、白焼きを注文しました。
f0224736_11511178.jpg

白焼きの食べ方って、よく知らなかったんですが、お店の人に食べ方の、レクチャーをいただき
そのとうりにいただきました。 これも、納得でした。
最初は、白焼き重の向こうに見える、ゴマ、しょうが、ネギをお好みで、たれにまぶし、付けだれを作り、白焼きにつけて、味わいます。 あとは、お好きにどうぞということです。

次に目指すは、やっぱり、お地蔵さんです。
f0224736_11544713.jpg

やっぱり、栄村を向いたままです。
f0224736_11552113.jpg

もうひとり、栄村を向いていますが、これは、ご利益がありません。
お地蔵さんでは、お年寄りのカメラマンに声掛けをいただいて、一家で写真を撮っていただきました
古いカメラを持って、光の具合がよくなるのを、待っていたところだそうです。
そこに、不似合いな車でどやどやと乗り付け、撮影の邪魔をしても、いやな顔もせず、写真を
とっていただきました。 なんとその写真の出来上がりの素晴らしいこと、大切にさせてもらってます。
地元飯山の、経理士さんだそうです。
これこそ、お地蔵さんのご利益ですね。

さッ、あとは、野沢温泉の大湯で、あッつい湯につかって帰りましょ
明日、末娘は長旅ですし
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-11-24 12:05 | 粒やき | Comments(0)

お知らせ。

米つぶ : 『ノラの心得。』が4ヶ月ぶりに更新されてるよ!

店長娘 : 本当?長い間なにも更新されていなかったもんね。

米つぶ : 更新するためのパスワ-ド、忘れちゃったんだってさ。

店長娘 : パスワードなんて新しくできるのにね。

米つぶ : ね。




と言うわけでございまいて、『ノラの心得。』のほうも、どうぞよろしくお願い致します。


※ 右側にある[お気に入りブログ]からも『ノラの心得。』にいけます。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-11-18 14:46 | 粒やき | Comments(0)

おー かなりさむ

米つぶ : 昨夜は、雨が夜中に、みぞれに変わったようですね。

店長 : そろそろふとんに、毛布が、必要になってきました。

米つぶ : でも、一夜明ければ、青空がのぞく良い天気になりました。

店長 : そこで早速、大糸線ですね。 まあ、見てください。


この時期ならではの景色が、堪能できました。
f0224736_17323317.jpg

昨夜の雨は、駒ケ岳、雨飾山では、雪になってたんですね。
f0224736_17341693.jpg

毎度毎度、同じような場所からの、アングルですが、何度眺めても、良い―ですね
f0224736_17363799.jpg

カメラの性能をカバーするには、身を持って、被写体に接近するしか、ありません。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-11-16 17:39 | 粒やき | Comments(0)

志賀高原 笠岳

横手山頂から、眺めて、ドーも気になる。
せめて、麓まで行ってみようと言うことになり、やってきました。


f0224736_1539211.jpg

峠の茶屋で、標高2076メートル、峠からの距離800メートル、と言う情報を得て、
山を眺めると、天辺まで、30分位なもんかと勝手に判断。
f0224736_15571049.jpg

登りはじめは、こんなもんです。
何と、そこから5分程で、階段地獄が、始まりました。
ヒ―ヒ―と 喘ぐこと20分案外早く山頂に着きました。
山頂から、さっきまでいた横手山を、眺めます。
f0224736_1672588.jpg

山頂には、祠と国土地理院の三角店の標識があり、去年見た映画の「点の記」を
思い出しました。 もしかしたら、柴崎測量官も、ここに来たかも知れないなと思い
ちょっと感動
f0224736_16141815.jpg
f0224736_16144579.jpg

晴天といえども、やはり風は、冷たく、そそくさと下山です。

下りは、当然再度の階段地獄
f0224736_16185981.jpg

f0224736_16193037.jpg

ひざを、かくかく言わせて山頂から20分で、峠の小屋まで戻りました。

笠岳を、ぐるっと回って帰り道です。
f0224736_16504955.jpg

疲れなおしは、こちらの温泉で、
f0224736_16531844.jpg

なにか書いてあるけど、マー良いか。
f0224736_165451100.jpg

f0224736_16595186.jpg

長野市内まで来たら、日が暮れてきました。
安全運転で、帰りましょ

どーでしょう、見えるかな富士山
ちょっと、探してみてください。
f0224736_1722112.jpg

[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-11-11 17:00 | 粒やき | Comments(0)

志賀高原 横手山

志賀高原 ループ橋辺りからは、こんな眺めです。


紅葉には、やはり遅れたものの、澄んだ空気が、何かを予感させています。
f0224736_17191351.jpg

こちらは、遠くに北アルプスが、望めます。 頂きの白いのが、白馬岳
いつも見慣れた白馬岳も、こんなに遠く離れると、ちょっと感動もんです。
f0224736_17203218.jpg

そして、到着したのが、スカイレーダー、要するに登山用のベルトコンベアーです。
f0224736_1721822.jpg

リフトを、乗り継ぎ
f0224736_1724559.jpg

横手山山頂です。
f0224736_17261488.jpg

横手山山頂から、再び北アルプスを眺めます。
手前の三角が、見たとうりの笠岳です。 なんか気になる存在です。
f0224736_17264669.jpg

そこから、左へ目を転じると、浅間山。 
そして、浅間山の左奥にかすかに見える三角が、何と、富士山です。
そーです、かすかですが、富士山が、見えました。
写真では、良く見えませんが、肉眼では、確かに富士山を、確認しました。
f0224736_17271571.jpg

富士山を、眺めて気持ちは、満足。 
今度は、腹を満足させようと横手山ヒュテヘ
f0224736_17521746.jpg

こんなもの注文して、お昼としました。
f0224736_17562359.jpg

f0224736_175647100.jpg

おまけに日本一標高の高いパン屋さんで、パンを買って下山です。
ちなみに気温は、ご覧のとうり。 春スキーにきたときは、マイナス15℃
f0224736_17583181.jpg

身体が、冷えないうちに、下山です。
f0224736_1803247.jpg

それにしても、どーも気になるのが、この笠岳です。
f0224736_1815253.jpg

時間は、まだ1時 いっちょ登ってみましょうか。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-11-10 18:05 | 粒やき | Comments(0)

信州りんご

店長 : 一日の定休日に、あんまり天気が良いので、つい、フラフラと出かけてしまいました。

米つぶ : いつものことですが、どこまで行ったんですか?

店長 : なんとなく向かった先は、志賀高原です。 
     もはや、紅葉も終わりかなと思いながらも、車を走らせました。

志賀高原の入り口の、山ノ内町の道の駅では、信州りんごが、ご覧のとおりです。


f0224736_16491266.jpg

f0224736_16483263.jpg

f0224736_1644595.jpg

f0224736_16452989.jpg

f0224736_16455760.jpg

f0224736_16463017.jpg

f0224736_16465426.jpg

このリンゴ、どれもひと箱¥1,000-
どれにしようか? 迷った末 昂林を、おみやげに

志賀高原のループ橋では、この青空、おー来た甲斐あったかな
f0224736_16575830.jpg

ここから先は、また明日のご報告と、させていただきます。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-11-06 17:01 | 粒やき | Comments(0)

グランフォンド 糸魚川

米つぶ : 先日は、自転車がいっぱい通りましたね。

店長 : 10月2日のグランフォンド糸魚川ですね。
     参加総数は、700人だそうです。

米つぶ : 能生を出発して、何キロ走るんですか?

店長 : 各クラスに分かれますが、当店の前を通過するクラスは、120キロだそうです。



それにしても、つぎからつぎとよく来たもんです。
f0224736_1214756.jpg

信号待ちが、ちょっとイジイジしますね。
f0224736_1221254.jpg

そして、自転車と言えば、いつものあの男が、登場するわけですが、
と言うことで、ささやかなあの男専用の、エードステーションを、用意しました。
f0224736_1223891.jpg

ところが先頭が通過して、2時間たっても、顔を見せません。
雨模様だし、こりゃ、スリップでこけたかな?

後で聞いたら、遅い人をサポートしながら、走っていたので、制限時間ぎりぎりの
通過だったとのこと、まずは、一安心、
そろそろ年だし、それくらいが、ちょうど良いかも!!!!
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2011-11-05 12:12 | 粒やき | Comments(0)