米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

糸魚川シーサイド・バレースキー場からの眺望

店長 : 次のジオパーク杯第1戦の10日まで、ちょっと間があいて、今日は、快晴というかとで

      のんびりとスキー場の周りの山々を、眺めてきました。

米つぶ : 先週の寒さに体も相当こたえているようですし、ちょうどよかったですね。

店長 : 快晴ですけど、気温が上がらず、かなり雪質が良く快適なスキーとなりました。

まず、東の方角を眺めると


f0224736_13125551.jpg

左から、駒ケ岳、鬼が面、鋸山 一番奥のおにぎりみたいなのが、焼山

視線を、南にずらすと、焼山の右に
f0224736_13175357.jpg

日本百名山の、雨飾山
f0224736_13191683.jpg

目の前に鎮座するのは、戸倉山

西には、電柱の左がロッククライミングで有名な明星山、 電柱の右が、黒姫山
f0224736_13201997.jpg

北は、日本海 運が良ければ、能登半島と佐渡島が、見えるとのこと
f0224736_1339148.jpg

先週の吹雪の名残の雪が、ブナ林に残っています。
f0224736_1327173.jpg

10日のレースは、この林の直下からのスタートで、
f0224736_13283039.jpg

ゴールまで、50関門の過酷なレースとなります。
f0224736_13294893.jpg

コーヒータイムに眺める、雨飾山です。

3時半まで、ゆっくり滑って、も一度、駒ケ岳から雨飾山までの、パノラマを堪能します。
f0224736_13324971.jpg

この辺に、ロッジでも立てて、窓際で、つららのオンザロックでもやりながら、

ゆったりしてみたいもんですね。

米つぶ : 無理!
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-02-27 13:40 | 粒やき | Comments(0)

綱島モータース杯GSL大会 (第三回)

米つぶ : 猛吹雪の中のGSL大会でした。 ご苦労さんでした。

店長 : 先週の快晴に比べて、天と地の差になり、寒さで、体が固まってしましました。


スタート地点で、吹雪に耐える選手たちです。
f0224736_1550861.jpg

さあ~、インスペクション行きますか、ということで、みんな首をすくめて、おんなじスタイルです。
f0224736_15514877.jpg

スタート台直下から、始めましょう。
f0224736_15593031.jpg

第一関門は、左ターンから、想定道理のセットとなりましたが、喜んでいる余裕もなし。
f0224736_160059.jpg

f0224736_1601173.jpg

f0224736_1615535.jpg

今日は強風なので、普段は四角に張る旗を、ねじって蝶ネクタイのように張ってます。

スタート直後の壁のセットは、想定道理になりました。
f0224736_1652926.jpg

ゴール前の中斜面も、いい感じで、張ってます。
f0224736_1671570.jpg

一本目は、勢いでレーシングワンピで、スタートしましたが、二本目は、さすがに

寒さが応えて、オーバーズボンに ミドラースタイル、 タイムはガタガタに崩れて

いいとこなし。
f0224736_16113061.jpg

それでも、1本目タイムレース 二本目申告タイムレースという、制度に救われて、

クラス別1位となり、やれやれでした。

しかしながら、2位とのタイム差は、0.01秒、前回大会に続き、きわどい勝負が

つづきます。

こんな悪天候でも、動ずることなく大会運営を成し遂げたスタッフの皆さんに、

敬意を表するとともに、一人の怪我もなく滑りきった、選手の皆さんにも感動しました。

米つぶ : そーすると、2本目にオーバーズボンにミドラースタイルで、スタートした店長だけが

       寒さに、くじけたということですね。

店長 : 昼間の滑りは、全くですけど、夜の部のスタッフご苦労さん会では、よく口が滑りました。

      綱島社長、 ご馳走さんでした。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-02-25 16:31 | 粒やき | Comments(0)

綱島モータース杯GSL大会 下見

米つぶ : 勝手に、インスペクションと、いうところですかね。

店長 : そのとうりです。 24日(日)に綱島モータース杯 GSL大会が、

      行われます。 emoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif

  
      まずは、レースバーンの、感触を確かめて、

      それから、どんなセットになるか、予想して

      10本ほど、滑ってきました。

こちらは、スタート位置からの眺めです。


f0224736_9463279.jpg

シーサイド・バレースキー場の第2ロマンスリフトを、降りたところが、スタートです。

スタートは、この壁の頭からです。 斜度は、25度強 
f0224736_9525998.jpg

下から見ると
f0224736_9532951.jpg

この壁のスピードを、殺さずに、平らの滑りにつなげたいものです。

米つぶ : 店長もお手伝いですね。

店長 : コース係り 兼 レーサーとして参加します。

      体力の続く限り、コース整備を、頑張りたいと思います。

      当日は、いい天気に恵まれますように、祈ってます。emoticon-0157-sun.gif

      では、当日参加のレーサーの皆さん、

      怪我のないように、 頑張りましょう。emoticon-0100-smile.gif
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-02-22 10:07 | 粒やき | Comments(0)

糸魚川市市民スキー大会 アルペンの部 その2

店長 : さあ、いよいよ 1本目スタートまじか、気持ちを落ち着けるため

      シャルマン火打スキー場のてっぺんから、 周りを見渡すと、


火打山と焼山が、くっきりです。
f0224736_1028935.jpg

やっぱり一番高い所へ、登らなきゃね!!

米つぶ : 年代別の中ですけど。

店長 : 一本目 39秒96 なんと年齢枠を超えて ガチ で勝負しようと話してた

      某建設会社の所長と同タイム。

      見事、セッターの罠にはまって、ゴール前関門で詰まってしまって、このタイム。

     
      二本目に、かけましょう。

2本目のインスペクションは、いかに
f0224736_10401371.jpg
 
一見して、左右のふり幅の大きなセットとなりました。

赤いウエアーは、根知の陶芸家「窯元」
f0224736_10431738.jpg

ゆったりと、下見です。
f0224736_10482480.jpg

もともと自然体の窯元は、きわどく勝負していこうという気持ちを、あまり表さない人。
f0224736_10504535.jpg

後ろ手で、鼻歌です。
f0224736_10514435.jpg

天気もいいしな~ なんて、思いながら、やってるんでしょうか。

普通は、こんな感じで見るもんなんですが
f0224736_10531836.jpg

ちなみに、これがガチで勝負の、某建設会社の所長です。 

目線を低くして、滑走ラインを探ってます。スケベ根性ありありというところ

二本目は、41秒02 

ガチ勝負の所長はいかに、 なんと41秒01

0.01秒の差。 ふり幅の大きさに用心しすぎたのが、負因でしょうか。

0.01秒でも、勝ちは勝ち、負けは負けと認めましょう。 それにしても、惜しかった。

クラス別では、何とか優勝できて、表彰台です。
f0224736_111054.jpg

スキー連盟の木島会長さんも、お祝いがてら顔を、のぞかせてくれました。
f0224736_11115376.jpg

無事滑り終えて、表彰状もらって、言うことなし。

背後の権現岳が、一層輝いて見えますな。
f0224736_11221937.jpg


米つぶ : 0.01秒差というのは、距離にしてどれくらいでしょうか?

       実感が、湧きませんね。

店長 : 滑走距離は、630mと発表されてますので 

      1回目・2回目とも40秒として 1260メートルを80秒で滑ると

      計算上は、1秒で15.75m 0.01秒で 15cmとなります。

      時速で、56.7kmの速さとなり

      関門数が、1回目・2回目とも、23関門として、一関門を、1.74秒で通過します。

米つぶ : こんな細かな計算に、0.01秒への無念さが、にじんでますね。

       さあ~、夜は、姫川スキークラブさんに呼んでもらってますから

       宴会で パ~と行きましょうemoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gif
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-02-20 11:18 | 粒やき | Comments(0)

糸魚川市市民スキー大会 アルペンの部

店長 : 秋田県では、スキー国体が行われていますが、17日(日)糸魚川でも地元のレーサーが

      参加して、アルペン大回転のレースが、行われました。

米つぶ : 晴天に恵まれて、店長は、大助かりでしたね。 

       何せ、寒いと体が固まるし、トイレも近なるし、大変です。

店長 : 朝7時半 友達の車に乗っけてもらって出発
 

日本海を横目に見ながら、会場のシャルマン火打スキー場に向かいます。
f0224736_1148227.jpg
 
45分で順調に会場近くまで
f0224736_1148564.jpg

権現岳が、朝日で輝いてます。 今日は、いい日になりそうな予感!
f0224736_11543027.jpg

ここが、シャルマン火打スキー場です。
f0224736_1152473.jpg

今日のレースは、正面の急坂じゃなくて、左端の平らなコース。
f0224736_11561440.jpg
 
もうすでに、セット完了で準備万端です。

平らな坂だといっても、侮れません。 平らはいかにスキーを走らせるか、

大きく技術の差が出ます。

開会式を、終わって インスペクション(下見)です。
f0224736_1202868.jpg

コース全体は、平らですが、どんなセットがされているか、セッターの罠に、はめられないように

しっかり見なくては、いけません。

これは、タイム計測用のスタートバーです。
f0224736_12362347.jpg

スタートの時は、5秒前からのブザーの合図で、このバーをスネで開くと、タイム計測が始まります。
f0224736_12393657.jpg

こちらの鶯色のスキーウエアーを着ているのは、某工務所の社長さん。
f0224736_12404086.jpg

無謀にも、54歳でレースに初挑戦です。
f0224736_1244416.jpg

前を行くベテランレーサーに、 ええかね、赤と青の旗の外側を通るんぜね。
f0224736_12454294.jpg

真ん中とおりゃ、早いけんど失格になるぜね。 と 教えられて、

後をついて、コースの下見です。
f0224736_12502255.jpg

旗の外側とーれて言いたて、あんまり外を遠回りしりゃ、おそなるし

あんまり近けりゃ、旗にぶつかって、転ぶそい注意しないや!

「いったいどーすりゃ ええんかい」
f0224736_1342956.jpg

マーとにかく、ゴールまですべりゃ、ええんだわね。 ということで
f0224736_1362560.jpg

教えをまもった、社長さんは、本番でも無事ゴールにたどり着きました。 

さあいよいよ、ゼッケン1番からスタートです
f0224736_1394765.jpg

第一関門通過
f0224736_13102821.jpg

スタート待ちのほかの選手は、ゆったりと日向ぼっこに見えますが

これが結構、忙しい。
f0224736_1441664.jpg

スタート前のワックス掛けやら、コース状況の情報収集やら

米つぶ : 店長は、厚かましくセッターに、直接ポールセットの解説を、お願いしてたようですよ。

店長 : ただの世間話を、してただけです。


   
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-02-18 12:04 | 粒やき | Comments(0)

ゲートくぐり 5回目 午後の部

店長 : 午前中の緊張感から解放されたせいか、今日も車で、1時間寝てしまいました。

      天気が良くて、日がさすと車の中も、結構暖かで居心地が、よくなります。


いつも道理、午後は高いところ目指して、ゴンドラです。
f0224736_1153040.jpg

気温が低く、無風、視界良好、最高の条件に浮かれて、47スキー場まで、下ってしまいました。
f0224736_11544931.jpg

47のゴンドラから日本カモシカを、発見!!  カモシカが写ってはいますが、見つけるのは

至難の業でしょう。 

ヒント : カモシカが、雪の中にうずくまっています。
f0224736_1158284.jpg

唐松岳から、五竜岳までの稜線です。 夏でも、この稜線を歩くには丸1日、かかるそうです。
f0224736_11593922.jpg

そして、いつもの五竜菱です。 今季、一番はっきり見えました。
f0224736_1221859.jpg

このとんがりは、地蔵の頭、五竜遠見スキー場の、てっぺんになります。

このてっぺんに登って、今後のレースもてっぺんに登れるように、祈願したかったのですが、

午前中のゲートくぐりが、こたえて、下からよろしくってことになりました。
f0224736_1274459.jpg

志賀高原方面も、しっかり見渡せます。 3月頭には、志賀高原で、マスターズのレースです。

後は、怪我しないように、一気に下って、平らな所で、滑りの調整です。
f0224736_1215043.jpg

平らの滑りに疲れて、帰る気になったのが、3時過ぎ、 
f0224736_12173651.jpg

5週続けて通った、飯森ゲレンデもとりあえず、今季は終了。
f0224736_1219713.jpg

さあ後は、来週から始まるレースに挑戦です。

とにかく、高いところに登りたがる精神で、頑張りましょう。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-02-14 12:25 | 粒やき | Comments(0)

ゲートくぐり 5回目

店長 : 昨日で、飯森ゲレンデへゲートくぐりに通うこと、5回目です。

米つぶ : 疲れも出さずに、通ったもんです。 滑りが、身に着いたかどうかは、別として。

店長 : 今シーズンは、天気が味方したというところも、大ですが。

店長 : 天気予報どうりに、無風で気温は低いということで、凍った148号線を、

白馬方面へ走ります。


f0224736_12464178.jpg

小滝から見える、明星山の岸壁が、朝日に照らされて輝いてました。
f0224736_12493262.jpg

f0224736_12495097.jpg
 
今日は、いい日になりそうだという予感で、いっぱいです。

飯森に到着すると、早々とゲートが貼られています。 しかも、壁の頭まで。
f0224736_1257203.jpg

そーすると、おれたちの練習バーンは、よそになるのかなと思いながら、受付カウンターに行くと

今日は、壁の頭からですけど、「大丈夫ですか」といわれてしまいました。

引っ込みがつかず、一応申し込みましたが、かなり不安です。
f0224736_133637.jpg

今日の練習生は、中高大学生、それにおっさんが混じって22~23人

加えて、スキー国体で、1位、2位を繰り返している、実力者の「佐藤栄一君」が、いました。

栄一君が参加するので、壁の頭までゲートを、張ったのかと納得しました。

壁を、下から見ると
f0224736_1312225.jpg

いつもは、撮影している処から、スタートなんですけどね。
f0224736_1313157.jpg

この壁の斜度は、約35度 途中で転ぶと一気に落とされて、止まることはありません。
f0224736_132584.jpg

栄一君に、スタートで、「見てますからね」 と声掛けしてもらった以上、さらに引っ込みがつかず

腹を決めました。
f0224736_13322589.jpg

ゲート数は、30ゲートで本番並みです。 しかも、こんな急な壁を使ってのレースなんて

草大会では、皆無です。

挑戦すること、3本で身の危険を感じ、コーヒータイムとしました。

休憩を終わって出てみたら、スタートが、いつものところに下されてました。

コーチ陣もさすがに、練習生にケガをさせないうちにと、思ったんでしょうね。

私は、3本でいっぱいいっぱいに、なってましたので、早上がりを決め込んで、

モツ煮込み定食目指して、食堂へ

いつもの定食なんですが、「何とかやったぞ」という安ど感からか、妙にうまかったですね。

急斜面や硬い斜面ほど、「早い」 という評判の栄一君の滑りは、素晴らしい。 

今年も、国体優勝で、お願いしますよ。 応援してます!!!

米つぶ : ところで、店長の滑りはどーだったんでしょうか?

店長 : 朝一の気温が、マイナス12度 うわべの雪をどけたら、下は、氷です。

      こんな条件下で、米屋の店長が、まともな滑りをしたら、

      かえっておかしなもんになりますよ。
     
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-02-13 13:19 | 粒やき | Comments(0)

ゲートくぐり 4回目 午後の部

店長 : コーチから、さあラストです。 と 声掛けされましたが、ラスト一本を

      行く元気なくビブを返して、そそくさと食堂へ


f0224736_9511679.jpg

いつもの、モツ煮定食を頼むと、食堂のおばちゃんが言わんでも 「わかっとるよ」

ここでは、15シーズン モツ煮定食一本やりです。

隣の席では、一緒に練習していた中学生とコーチもお昼です。

ワイワイガヤガヤ 学校の体罰で騒がれているなか、ほんとに楽しそうです。emoticon-0155-flower.gif

こんな関係を作れないコーチなんて、精神鑑定に回した方が、早いんじゃないかとさえ思ってしまいます。
f0224736_1004446.jpg

午後一番のゴンドラから、霧氷の眺めです。

標高1400メートルの、アルプス平では、ダイヤモンドダストが舞ってました。

キラキラと、ほんとにきれいなんです。emoticon-0152-heart.gif
f0224736_104558.jpg

風がないから、ゆっくりと降りてきて、 ボーダーも、まったりしてます。
f0224736_1045416.jpg

別世界です。  キラキラが写真に映らないのが、残念!!!
f0224736_1073248.jpg

f0224736_1084249.jpg

五竜菱も、くっきりと出ています。
f0224736_109152.jpg

こちらは、妙高 戸隠方面
f0224736_1010572.jpg

アルプス平で、フリースキーをみっちりやって、かなり納得なんですが

ゲートの中では、なぜ体が動かないんでしょうか?
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-02-07 10:18 | 粒やき | Comments(0)

ゲートくぐり 4回目

米つぶ :飯森ゲレンデでは、 4日は気温が高くて雨降り、5日は昨晩からの冷え込みとなりましたが

       練習バーンは、いかがでしょうか?

店長 : その答えは、がちがちのアイスバーンです。emoticon-0148-yes.gif

      いつものように、9時到着、受付カウンターへ直行すると

      コーチいわく、昨日は午後の部、雨の中、お客さんが一人なのに、練習するっていうもんだから

      ずぶぬれになりました。

      「今日は、いいですよ」 と にやり


f0224736_12464639.jpg

今日の練習生は、いつもの中学生が7人、小学生が3人、おっさんレーサーが3人

あの人1部だからといわれていた、別格のレーサーが1人
f0224736_12475253.jpg

スタート前に今日は、ちょっとテクニカルですからと、注意をもらい、

別格レーサーから、スタート さすがだわ!!!  
f0224736_13323147.jpg

滑り終わって、ゴールで滑りのアドバイスを受けるんですが、体が固まっていて、動きません。

急斜面は今日のアイスバーンでは仕方ないけど、平らはもっといかないとね。

別格レーサーは、何事もないように滑るんですけど、ほんとに硬いんですよ。
f0224736_1338258.jpg

14人で、半日フルに滑って、この程度しか、掘れません。
f0224736_13415613.jpg

コースわきに、雪のくずが、少々たまるだけ。

6本滑って、休憩
f0224736_1343036.jpg

レアチーズケーキとコーヒーで、元気入れて再度挑戦してみましたが、

2本が、限度  計8本でギブアップです。emoticon-0106-crying.gif
  
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-02-06 13:52 | 粒やき | Comments(0)