米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

日本縦断のお客様

米つぶ : この暑い中、自転車で来店の4人組、日本縦断の途中だそうです。

        店長が、いろいろとお話を聞きました。


f0224736_10354312.jpg

店長 : 出発地点は、どこですか?

4人組 : 鹿児島県佐多岬を出発して、2週間になります。

店長 : 今日の出発地は?

4人組 : 今朝は、白馬の道の駅からです。

       その前は、乗鞍スカイラインを上って、長野に行きました。

店長 : どこまで行くんですか?

4人組 : 北海道宗谷岬までです。

       9月10日には、札幌に到着する予定です。

店長 : 学生さん?
f0224736_1038765.jpg

鹿児島大学のサークルなんだね
f0224736_1039264.jpg

この4人組、米を5キロ買ってくださいました。

5KGを1.25KGで、4等分して運びます。

なるほど、いい仲間だ!!

米つぶ : 店長うれしくなって、先日出来上がったばかりの、梅干しをプレゼント

店長 : 熱中症予防の塩分補給、 疲れて食欲が落ちた時の食欲増進に、最適でしょう。

     何はともあれ、4人そろって宗谷岬に無事到着してくれればいいが!

米つぶ 4人の後姿を見送りながら、「おれも若けりゃやってみたいな~」と、店長一言

店長 : 自転車は、無理でも先日売り損ねた、バイクでどうかな、車にしとくかな、

      なんて、つい考えてしまいました。

米つぶ : 割と影響され安いんですよね。



 
      
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-08-30 11:29 | 粒やき | Comments(0)

美山の藪の中 その8

店長 : 先日 エアコンタイマーの設定を間違えて、朝までつけっぱなしになってました。

      結果 咳が出るようになりました。 加えて、休日前の宴会で、気楽に飲んで

      体が重くなり、これを解消するのは、ひと汗かくのが一番

米つぶ : と言うことで、美山の散歩道ですか!

店長 : 風は、ひんやりさわやかで、日本海の眺めも良く、一周800メートルのコースに

      本を読みながら歩く人、月光仮面のように(ちょっと古いか)顔を陽射しから守る人、家族ずれなど
     
      7人と犬1匹が歩いてました。


f0224736_9402558.jpg

散歩道からの眺めですが、水平線が、水平に映ってないのは、前日の酒のせいでしょうか?

この時期、一見花は少なめですが、周回を重ねるごとに発見がありました。

今季何回も出てきますが、コフウロ
f0224736_9451480.jpg

f0224736_9452938.jpg

ミヤマトウバナ
f0224736_9462087.jpg

ホソバコンキク
f0224736_9471860.jpg

コナスビ
f0224736_959263.jpg

その後、車洗って、ワックスかけて、汗だらだらになったので、咳は、少々残りましたが

体調は、完全復活!!

やはり、美山の風は、いいですね
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-08-29 09:51 | 粒やき | Comments(0)

山岳ドライブに挑戦 その2

店長 : 山の眺めは、いまいちでしたが、山に背を向けて、藪をのぞけば、なかなかでした。

米つぶ : そろそろ秋の花の出番でしょうか

店長 : 標高の高い分だけ平場より、秋は早いでしょう。


カワラナデシコ
f0224736_1259203.jpg

マツヨイグサ
f0224736_12594879.jpg

ウメバチソウ
f0224736_1303938.jpg

ウスユキソウ
f0224736_1312479.jpg

マツムシソウ
f0224736_1315273.jpg

クルマバナ
f0224736_132433.jpg

ハナイカリ
f0224736_133377.jpg

ハクサンシャジン
f0224736_134431.jpg

ワレモコウ
f0224736_1343945.jpg

コフウロ
f0224736_135389.jpg

タチフウロ
f0224736_1353335.jpg

f0224736_1354760.jpg

下の二つは、美鈴湖スカイラインの途中で、一緒に咲いてました。
ツリフネソウ
f0224736_1395373.jpg

キツリフネ
f0224736_13101538.jpg

狭いコーナーをいくつ曲がったことか、安曇野に着くころは、日も暮れました。

今日も一日よく遊んだもんだ。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-08-24 13:17 | 粒つぶ旅行記 | Comments(0)

山岳ドライブに挑戦

店長 : 8月20-21日と夏休みをいただきまして、20日は、二日酔いで棒に振りましたが

      21日に、山岳ドライブに挑戦してみました。

米つぶ : ドライブコースは、いかに?

店長 : 諏訪大社から、蓼科高原⇒車山⇒霧ヶ峰⇒美ヶ原⇒松本と、糸魚川発着で400kmの距離を

      走りぬきました。

米つぶ : いわゆる 「ビーナスライン」 と言うことですね。

店長 : では、諏訪大社の様子から


鳥居左側の駐車場に、車を止めて、いつものように順路をたどりますと
f0224736_11345672.jpg

大木の中を通り
f0224736_11372286.jpg

長い廊下を抜けて
f0224736_1139171.jpg

本殿へ
f0224736_11395554.jpg

本殿は、改修工事のため、大きなシートに本殿の写真が、プリントされてました。
f0224736_1141692.jpg

前回の時、交通安全のお守りをいただきましたので、社務所前を、素通りして

車山へ向かいます。

にぎやかな蓼科高原 白樺湖をパスして、車山高原に到着
f0224736_11481619.jpg

夏リフトに乗って、車山山頂へ
f0224736_1149480.jpg

360度の展望ですが、3時近くになってしまたので、ちょっと雲が多く
f0224736_11513153.jpg

すっきりとは見えませんが、八ヶ岳の右の雲の下に、うっすらと富士山が、見えました。
f0224736_11514943.jpg

下りもリフトで、のんびりと
f0224736_11541545.jpg

霧ヶ峰をパスして、美ヶ原に到着すると、5時前で売店が閉まりかけていました。
f0224736_11591294.jpg

ここから松本までの悪路を考えると、ゆっくりしたかったのですが、閉店では、仕方ありません。
f0224736_1203097.jpg

白樺林になぐさめられて、細くて急な下りに挑みます。

美ヶ原から松本までに、いくつのコーナーを曲がったか定かではありませんが

200回は、いってます。 首が、痛くなりました。

糸魚川に着いたのが、午後9時 もうしばらくは、まっすぐ走りたい気分です。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-08-23 12:36 | 粒やき | Comments(0)

塩の結晶

店長 : 梅干しもほぼ完成して、紫蘇を干しあげれば、完成です。

米つぶ : 天然塩+店長の汗とよだれで、うまみと灰汁が加わり、より一層マイルドな味になりました。


梅酢を取り置きしようと、梅酢の樽をのぞくと、半透明の白いものが浮いています。

これは、何か? まさかカビではあるまいか、思いっきり近づいてみると
f0224736_14285081.jpg

f0224736_1429922.jpg

f0224736_14292520.jpg
f0224736_14293798.jpg

塩の結晶でした!

梅干しづくりの、苦労の末のご褒美として、素敵なものを見せてもらいました。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-08-17 14:34 | 粒やき | Comments(0)

梅干し作り

店長 : 長い梅雨で、なかなか梅干しの天日干しが、できませんでしたが、

      ようやく、天日に干すことが、デキるようになりました。

米つぶ : 天日に干してこその、うめぼし という店長のこだわりが、ようやく達成されそうです。


まずは、干台つくりからと言うことで、自前のパレットとビールの空き箱で、
f0224736_12543111.jpg

つづいて、漬け込んだ梅の樽を引っ張り出して
f0224736_12552093.jpg

中身は、それぞれ、ご覧の通り
f0224736_125685.jpg

f0224736_12562135.jpg

今年は、梅が豊作ですが、紫蘇が不作で、梅酢の色がいまいちか
f0224736_12584976.jpg

早速干していきましょう。 1回目です。
f0224736_1301753.jpg

f0224736_1303430.jpg

f0224736_130477.jpg

干しては、梅酢につけること、3回 結構な赤みになりました。
f0224736_1315676.jpg

f0224736_1321624.jpg

塩の結晶が、やさしげです。
f0224736_13237100.jpg

いかがでしょうか。 出来上がりは、今日と明日で干しあげて、完成となります。

今年の塩は、自然塩を使ったので、味にまろやかさが、期待されます。

でも、塩が枯れて「うまみ」が、出るのは、2~3年先でしょうか。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-08-12 13:15 | 粒やき | Comments(0)

高浪の池周辺の藪の中

米つぶ : やはり「またたび」だけじゃ、さみしいですね。
 
       藪の中は、どうだったでしょうか?

店長 : 「またたび」に夢中だったので、数は、みつけませんでしたが、

      夏の花をしっかり、ゲットしてあります。


クサギ
f0224736_10405361.jpg

コフウロ
f0224736_10414318.jpg

クズ
f0224736_1042638.jpg
f0224736_10421354.jpg

では、クズの写真をゲットして、葛(くず)温泉かじかへ向かいます。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-08-10 10:46 | 粒やき | Comments(0)

マタタビ酒作りました。 実行編

店長 : マタタビの収穫量は、740gとなり、マタタビ酒を作るには、十分な量となりました。

米つぶ : 初心者の収穫ですから、満足でしょう

       これ以上、藪に顔を突っ込んだら、かぶれるか、蜂に刺されるのが、落ちですね。


かじかの帰り道に、必要なものをそろえて、さっそく、取りかかりました。
f0224736_1019281.jpg

マタタビを水洗いして、へたを取って、汚れを、落とします。

後々出来上がった酒を、濁らせないために、根気よくやります。
f0224736_10222091.jpg

マタタビが、740gですから、35度の焼酎は、2.7リットル、氷砂糖は、500g
f0224736_10251975.jpg

マタタビの水を、よく切って、ビンに詰めます。
f0224736_10525585.jpg

氷砂糖を、その上に入れて、出来上がり!

と 思いきや、ビンが小さい、保存びんを4リットルに買い替えて
f0224736_10581845.jpg

そのまま、冷暗所に6ヵ月から1年間保存で、出来上がりだそうです。

来年の夏は、マタタビ酒で乗り切れそうです。
f0224736_10384227.jpg

米つぶ : 今年の夏が、乗り切れなければ、来年は、ありません。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-08-08 11:00 | 粒やき | Comments(0)

花の名前の訂正

店長 : 7月18日に、美山のやぶの中 その6 で 「春蘭」として

      写真を掲載した、この花ですが


f0224736_1605892.jpg

f0224736_1612331.jpg

ヒメヤブラン (ユリ科) の一種ではないかと、蘭の専門家よりアドバイスがありましたので

名前を修正させていただきます。

蘭の特徴と一致しない部分があるとのことです。

下の写真は、明らかな「ヒメヤブラン」です。
f0224736_1651996.jpg

f0224736_1693841.jpg

[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-08-07 16:07 | 粒やき | Comments(0)

マタタビ酒作りました。

店長 : マタタビ酒を、作ります。 と いうことで、前回めどをつけておいた、小滝の高浪の池周辺に

      行ってきました。

米つぶ : はたして「マタタビ」は、あったでしょうか?

店長 : 今回は、ヒスイ峡経由です。


f0224736_11565922.jpg

148号線 小滝川と姫川の出合から、ヒスイ峡へ入ります。

小滝川沿いに登って、15分ほどでヒスイ峡です。
f0224736_11594710.jpg

眼前に迫る明星山の岸壁
f0224736_120255.jpg

圧倒されますね! 誰か登っているでしょうか?
f0224736_1213740.jpg

車道から、川底を覗き込むと、岸壁がめり込んでいるように、見えます。
f0224736_1231735.jpg

さあここから、高浪の池の峠までに、前回、目星をつけておいたマタタビのツルには、

実がなっているでしょうか? 実がなっているとしても収穫の適期かどうかは、定かではありませんが。

それでも、めぼしいツルの下を、のぞいてみると
f0224736_12283647.jpg

お~ありました。かなりのでかさで、一安心
f0224736_1229462.jpg

峠までの間にまずまずの収穫、ひさしぶりの満足感に、浸れました。
f0224736_1232415.jpg

結果の一部を紹介します。 ど^~ですか、なかなかの「マタタビ」でしょう
f0224736_12332251.jpg

さて、ひと段落したし、汗びっしょりになったし、大峰峠を越えて
f0224736_12344815.jpg

大峰峠のてっぺんにある
f0224736_12374199.jpg

地蔵さんに、挨拶して、足元のわき水で顔を洗って、さっぱりしましょう。
f0224736_12361985.jpg

後は、山之坊を通って、ちょっと足を延ばして、葛温泉の「かじか」まで、一走り。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2013-08-07 12:04 | 粒やき | Comments(0)