米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

春の風。

予想最高気温18度。

天気予報で報じられる気温も日に日に高くなっており、新潟にも春がちゃくちゃくと近づいています。

つくしも所々で顔を出し始めました。

f0224736_15305987.jpg


しかし、糸魚川市大平(オオダイラ)、市街地から車で40分。

笹倉温泉近くはまだ残雪も多く、「春」と言うにはまだ早いようです。

f0224736_15311992.jpg

                                          (本日撮影)

f0224736_1532660.jpg

                                       (今年1月15日撮影)

                   ※ 2枚とも同じ場所です。道脇の棒の高さは約3m。
[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2010-03-15 15:37 | 糸魚川 | Comments(0)

やままゆ。

f0224736_15413377.jpg


これ、見たことありますか? 天然の山繭です。

繭というと白やクリーム色が浮かびますが、大昔はこの緑色の繭が普通だったそうです。

今では珍しいようですが、ここは新潟県の糸魚川。

自然豊かなこの地には、まだ緑色の繭を作るウスタビガがいるようです。

先日、近所の道端の木に緑色の繭がぶら下がっていましたよ。
[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2010-03-14 15:06 | 糸魚川 | Comments(0)

ある日の午後。

米つぶ : ある日の午後、私が並んでいる棚の前をアルバイトの高校生が

       「下ねた」「下ねた」と言って通って行きました。
       
       高校生が下ネタかぁ~。。。



アルバイト : 主任!「下ねた」ってネギどこにあります?

    主任 : 「下ねた」なんてネギはありません!

アルバイト : だってお客さんが…今夜はすき焼きだから「下ねた」ネギがほしい。…って!

    主任 : だったら今夜は「やわはだ」にしてもらいなさい。



米つぶ : ぎゅう。  


f0224736_152821100.jpg

[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2010-03-13 15:45 | 粒やき | Comments(0)

塩の道のお話。

『塩の道』とは・・・。

牧江米店のお米!なのですが、その由来をご紹介。

『塩の道』は日本海沿岸の越後・新潟県の糸魚川から、信州・長野県の松本までの

約三十里(120km)の道のり。

戦国時代の越後の武将「上杉謙信」が、宿敵であった信濃の「武田信玄」の領民が

塩不足で苦しんでいるのを知って、

塩や海産物、日常の生活物資を牛方(ウシカタ)やボッカと言われる人たちに運ばせました。

その道のりを指して『塩の道』と名づけられたのです。

牛方は牛の背中に荷物を乗せ、ボッカは自ら45kg~50kgもの荷物を背負い一日に平均30kmも

歩いたそうです。

f0224736_15394323.jpg

〈 彫刻家 (故)藤巻信樹作 〉




塩の道は今でも歩くことができますが、その道のりは山道ですので当然起伏が激しくリュックひとつかついで

歩くのがやっとでしょう。

しかし道中には「牛清水(ウショウズ…牛の水飲み場)」や「原山地蔵」など、いわれのあるところには

標柱がたっていますので、昔に思いをはせながら歩くことができます。

ただし、もう二度と歩きたくない・・・とつぶやきたくなりますよ。

f0224736_15392831.jpg

[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2010-03-13 13:42 | 糸魚川 | Comments(0)

大糸線 「キハ52」 ラストラン。

大糸線は糸魚川から長野県松本を結ぶローカル線。

そのなかでも糸魚川~南小谷間は非電化区間のため、

電車ではなくディーゼルエンジンを動力に持つ「気動車」が走っているのです。

f0224736_15375773.jpg

                              ( H21年5月 牧江米店店主撮影 )

この気動車は「キハ52」といって、昭和40年代に製造された車両。

しかし、その「キハ52」は今日で見納め。

これまで毎週末にはカメラを持った、いわゆる「トリテツ」の方が“キハ52”にカメラを向けていましたが、

今日は特別多くざっと数えただけでも40人ほどいました。みなさん県外ナンバーの車で駆けつけています。

f0224736_15381436.jpg


さらに普段はほとんど乗車客が見受けられない車内も、今日は満員でした。

今夜は糸魚川駅で、特別イベントも行われます。
[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2010-03-12 13:38 | 糸魚川 | Comments(0)