米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

分杭峠から大鹿村へ

店長 : 大型連休を休みなく働きましたので、気分転換にチョット遠出してみました。

米つぶ : 歳と共に若い頃の様に、心身ともに頑張りが効かなくなってきました。

店長 : そこで、考え付いたのが、日本有数のパワースポット「分杭峠」と言うことです。

糸魚川を9時半スタート 南アルプス道の駅に着いたのが,12時ちょっとすぎ

なかなかしゃれた道の駅で、癒しを感じました。
f0224736_11330974.jpg
分杭峠へは、自家用車で入れませんので、麓の駐車場に車を置いて、シャトルバスに乗ります。

往復650円、駐車場は無料

f0224736_11401917.jpg
分杭峠までは、15分 こちらが峠のバスターミナルです。
f0224736_11421878.jpg

駐車場わきから、みなさんが気を取り入れるために、たたずんでいる気場まで、5分ほど下ります。

f0224736_11461029.jpg
到着したところが、ここ!

f0224736_11474059.jpg


f0224736_11482415.jpg
下の谷から、気が上がってくるそうです。 一応気を感じようとしたんですが、3分ほどで退散

皆さんは、1時間以上たたずんで気を感じているそうです。

ただこの場所は、傾斜が30度位あって足元の注意が必要です。

次は、水場へ移動

f0224736_11591202.jpg
駐車場の上から、林道を歩いて15分ほどで、水場です。

ここでは、地中の気を含んだ水を汲めるということです。

f0224736_12014211.jpg
沢の奥に、地中から出ているパイプの水をくみます。 沢の水は、気が含まれませんので、手を洗う程度にしてください。


f0224736_12044849.jpg
手前の木の橋は、要注意です。

私も、用意したペットボトルに、水を汲んだり、飲んだりしてきました。

当日は、台風の余波で風が強く、雨も降ってましたので峠にいたのは、5~6人でしたが、土日で天気のいい日は、

大勢来るそうです。テレビのニュースに取り上げられたころは、大変だったそうです。

米つぶ : さて、いろいろ言ってきましたが、肝心の気は感じたんでしょうか?

店長 : さっぱりでした。この場所では、気が写真に写りこむ と いうことがあるそうなんですが、

     ご覧の通りですし、どこのパワースポットへいっても、気を感じたことはなかったでね。

米つぶ : 最初から店長には、無駄だったわけですね!


[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2015-05-13 12:06 | Comments(0)