米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

今井・西川原の実験田より

f0224736_11444514.jpg


店長 : 田植えから、2か月近くなって随分勢いがついてきました。

米つぶ : 当初は、葉の色が薄くてやきもきしましたが、元気そうです。

f0224736_1147494.jpg


昨年の小雪と晴天続きで、水不足が心配されるなか、ここ西川原には強力な用水が流れています。

山からトンネルで運ばれてきますから、水温は冷たいまま、水量も十二分にあります。

生活排水が、交じることもありませんから、きれいな水で育ちます。

f0224736_11515817.jpg


昨年の秋と田植え前に、コロナビオリタの有機肥料と土壌改良剤を漉き込んでありますので、

その効果が、現れています。

稲株を見ると、分けつが進んで、扇形に開いて根元まで太陽光が当たりやすい形になっています。

収穫までには、強風や大雨、高温に見舞われ苦こともあるかもしれませんが、

充分に根を張って丈夫に育ってますから、乗り越えてくれると思います。

稲の茎に触ってみますと、しっかりとした硬さが感じられ化学肥料で育った稲とは、

明らかに、違いがあります。

米つぶ : これからも、店長の田んぼ通いが続きます。
[PR]
by kome-no-tubuyaki | 2016-07-04 12:30 | Comments(0)