米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

糸魚川 けんか祭り。  おまけ

今年の神輿は「平成の大修理」ということで、

117年ぶりに塗りや飾りの全体修理が行われた、ピカピカの神輿。

しかし、一回の祭りで10回前後もぶつけ合う神輿はすぐにあちこち壊れてしまいます。

両方の神輿はすでに、

ぶつけ合う側の「蕨手(わらびて)」(屋根の四方にあるクルンとした部分)はとれてしまっています。



両者向き合い、
f0224736_16493366.jpg

それいけ!
f0224736_1650471.jpg

f0224736_17304.jpg





左側の神輿にご注目。
f0224736_165167.jpg





この一回で鳥居の上の飾りが傾いてしましました。
f0224736_1652068.jpg









およそ300kgの神輿をぶつけ合う「けんか神輿」ですが今年はけが人はなく、

無事に神輿はお役目を終えたそうです。

f0224736_13374618.jpg



ちなみに、地元ではけんか祭りが終わると、完全に「春が来た」ということで

今日(4月10日)から5時のチャイムが、「春よ来い」から「ふるさと(相馬御風作詩)」に変わりました。
[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2010-04-11 17:05 | 糸魚川 | Comments(0)

糸魚川 けんか祭り。

2010年4月10日 土曜日 快晴。
f0224736_14235181.jpg



静かな糸魚川の朝に花火の音が響きます。

今日は祭りだぞ。



花火に続いて聞こえてくるのは御触れ太鼓の音。

十日の祭り、、、けんか祭りが始まります。




朝9時半、主役陣の一方、押上地区の神輿が一ノ宮の天津神社へ向かうところです。

f0224736_14242135.jpg




今日の天津神社は屋台もたくさん出て、市内外はもちろん県外からも見物客が訪れます。

ヌーナ(手前)とジオマル(奥)もお出迎え。

f0224736_14251024.jpg





いよいよ神輿がぶつかる境内へ。

神輿の重さは約300kg。 神輿を担ぐ「担ぎ手」と、神輿を引く「引き手」。

引き手の若衆は手ぬぐいでお互いの手を結び、神輿を引いて走ります。


f0224736_14263338.jpg




ドーーーン。

「そら、いけ! そら、いけ!」 「わっしょい、わっしょい!」 声が飛ぶ。

二基の神輿をぶつけ合い、押し合います。


f0224736_14253357.jpg





クライマックスは「御走り(おはしり)」と言われる、二基の神輿の競争。

それぞれ相手方の桟敷前から神輿を走らせ、拝殿裏にある幣殿を目指します。

どんでんどん、どんでんどん。  走れーー、走れー!


f0224736_152704.jpg




押上地区が勝てばその年は豊漁、寺町地区が勝てば豊作。

毎年どちらが勝ったかはっきりと勝敗はつかず、

お互いに「おら方の勝ちだ!」と言いながら「けんか神輿」の終了です。







今年も豊漁、豊作。 五穀豊穣を祈ります。

f0224736_15582723.jpg

[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2010-04-11 15:48 | 糸魚川 | Comments(0)

志賀高原 春スキー

米つぶ : 先日の休みは、なにしてたんですか?

店長  : 志賀高原の横手山へスキーに、行ってきました。

米つぶ : 世間は、お花見だと騒いでいるのに、まだスキーですか?

店長  : この時期の横手山は、朝一 雪がカっチリしまってたまりません。
       天気が良いと、遠く北アルプスの峰々まで見渡せるんです。
f0224736_12495838.jpg


米つぶ : 遠くばっかり見ていると、足元が危ないですよ。

店長  : その後、熊の湯のゲレンデを何本かせめて、早めの昼食。
       レストランのテラスで、春光を浴びながらの豪華ランチは、
       カレーライスの大盛りとドリンクバーのコーヒーを 「がぶ飲み」

米つぶ : まるで、スイスのスキー場みたいですね。 日帰りは、ないけど

店長  : それから、一の瀬へ移動したんだけど、デモンストレーターの選考会とやらで、メインゲレンデは、
       閉鎖されていたんで、中級コースを攻めたんさ。

米つぶ : 良かったですね、中級コースで、

店長  : ここまでやると、さすがに疲れて終了。いい汗かいたし、温泉に直行して
       発哺温泉のなめらかなお湯に癒され、大満足の志賀高原でした。

米つぶ : 冷汗じゃなかったんですか。

店長  : 帰りには、小布施ワイナリーでしっかり試飲の上、好みのワインを仕入れて、中島千波画伯の桜        を、観賞。   心、味、体、それぞれを十分堪能できた素晴らしい一日でした。

米つぶ : やはり今シーズンも、技の向上を、忘れているようです。

        
    
[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2010-04-09 12:50 | 粒やき | Comments(0)

糸魚川市指定文化財。

f0224736_15494929.jpg

                                 花言葉 : 美しい思い出、変わらぬ美しさ



ここは、糸魚川市須沢にある「水芭蕉(ミズバショウ)」の群生地。

水芭蕉の多くは本州中部以北の高山湿原に自生します。

しかし、ここの水芭蕉は標高約5メートル、海岸から約1kmという

全国的にも標高の低い自生地。

須沢の水芭蕉は例年なら3月下旬の開花ですが、今年は大雪のため開花が遅く今が見頃です。

私は今年初めてここを訪れましたが、予想以上に多くの水芭蕉が群生していて驚きました!

自然豊かな糸魚川とわかっていながらも、こんなにきれいな風景があることに感動です。

水芭蕉のほかにも「猩猩袴(ショウジョウバカマ)」もたくさん咲いていましたよ。


f0224736_1550219.jpg

                                           花言葉 : 希望
[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2010-04-07 15:56 | 糸魚川 | Comments(0)

せっせ、せっせ。 その2

f0224736_1433891.jpg

先日に続きブナのお世話。


まずは土をならします。


みみず、だんごむし、何かの幼虫。


土の中はパラダイス。


f0224736_1441457.jpg
いよいよブナを植えますよ。


プランターで育った15本の小さな苗を大地へ!


近づきすぎず、遠すぎず。


ほどよい距離感、何事においても大切です。


f0224736_1443248.jpg
きれいに植え替えがすんだら水やり。


元気に育ってくれよ・・・とつぶやいて。
[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2010-04-05 13:59 | 粒やき | Comments(0)