米の粒.やき

makiekome.exblog.jp
ブログトップ

八方尾根と唐松岳の花々

店長 : 歩きながらボチボチ撮影してみました。

米つぶ : 撮影の振りして、休憩取るのも上手になりました。

店長 : やはり花の撮影で、楽になったのも確かですね。

では、ボチボチご紹介します。


マツムシソウ

f0224736_13144785.jpg
ミヤマコゴメグサ

f0224736_12261569.jpg
ベニバナイチゴ

f0224736_12275111.jpg
キオン

f0224736_12285306.jpg

オオヒョウタンボク  別名 嫁殺し 猛毒です。

f0224736_12294807.jpg

ヤマハハコ

f0224736_12305676.jpg
キキョウ


f0224736_12322104.jpg
チングルマ

f0224736_12331577.jpg
チングルマの群生



f0224736_12354206.jpg
チングルマの綿毛

f0224736_13122032.jpg




ミヤマキンバイ

f0224736_12343196.jpg

コイワカガミ
f0224736_12364040.jpg
ミヤマリンドウ

f0224736_12380971.jpg


f0224736_12410726.jpg

ウサギギク

f0224736_12392040.jpg
ゴゼンタチバナ

f0224736_12401753.jpg


ナナカマド

f0224736_12421106.jpg

ハクサントリカブト

f0224736_12431608.jpg


上の樺 の 樺のうろ

この うろ めがけて、小石を投げてみましたが、入りません。 あんまりやっちゃあいけませんね。 
f0224736_12451652.jpg


一日天気に恵まれて、いい一日でした。

くせになりそうな気がしますが、あんまり欲張るのもなんですから、休み休みにしましょう。



[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2018-08-26 13:29 | Comments(0)

唐松岳に挑戦! 丸山ケルン~頂上まで


店長 : 丸山ケルンを過ぎれば、残り1/3程度、何となく元気が出てきて唐松岳頂上山荘を
 
     当面の目標にして登り始めます。

米つぶ : 登れば下りがあることを、忘れてはいませんか?

店長 : それでもこの景色を見せつけられたら、前進です。

この尾根を越えれば、頂上小屋 中央が頂上 右手が不帰の嶮

f0224736_15072366.jpg
右が天狗の頭
f0224736_15140640.jpg
じりじりと高度を稼いで

f0224736_15191888.jpg
丸山ケルンから苦闘1時間30分、崖崩れでルート変更を余儀なくされましたが

頂上山荘の真上にと到着

右端が唐松岳頂上 奥の中央が剣岳 左端が雄山

f0224736_15231430.jpg
心は流行りましたが、ここで中食です。


f0224736_15260277.jpg
遠くには、槍ヶ岳も見えます。

f0224736_15291376.jpg
リュックを置いて、頂上に這い上がること20分 12時15分に、ようやく到着しました。


f0224736_15321997.jpg
店長 : 頂上からの360度の眺めは、気持ちのいいもんです。

米つぶ : とはいうものの、疲労の色が出ています。

足元には、頂上山荘です。

f0224736_15370942.jpg
お昼を食べたのが、赤い山荘の真上です。


f0224736_15392211.jpg
遠くの山々もきれいでしたが、足元の切れ落ちている高度感もなかなかでした。

さあ~、一休みして帰りましょ !

もうちょっと もうちょっと と言って登ってきたぶん、登頂の喜びもひとしおでした。

帰りは一層気を付けましょう。









[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2018-08-23 15:45 | Comments(0)

唐松岳に挑戦

店長 : 今季 山登りができてなくて、いきなり唐松岳では、つらいかなと思ったんですけど

     出かけてみました。

米つぶ : 行けるとこまでで、いいんです。

店長 : まぁ~ それが安全登山と言うもんです。

19日は、晴れ 風は穏やか 絶好の登山日和です。

黒菱に車を止めてリフト2本乗り継いで、八方池山荘を、7時45分スタート

唐松岳は、標高2696m 866mの高低差をぼちぼちと登り始めました。

第二ケルンから、眺める 

戸隠山方面 
f0224736_12165096.jpg

浅間山 志賀高原 方面

f0224736_12174725.jpg
八ヶ岳方面

f0224736_12531767.jpg
振り返ると、この景色


f0224736_13001102.jpg
第二ケルンの先端が、本日の目標 唐松岳頂上 を、指してます。


第一目標の八方池まで、1時間余りで到着、まあまあのぺ-スです。

八方池と言えば、この景色です。

f0224736_12553718.jpg
快晴 無風で、白馬三山が水面に写ります。

f0224736_12570196.jpg
f0224736_12575091.jpg
下の樺 



f0224736_13053768.jpg

f0224736_13064120.jpg
10時 扇雪渓 で大休止
 
f0224736_13073331.jpg
10時30分 丸山ケルン到着 全行程の2/3まで、たどり着きました。

f0224736_13141149.jpg

白馬岳、    方面
f0224736_13152236.jpg
白馬岳 小蓮華山方面

f0224736_13160956.jpg
戸隠方面

f0224736_13165386.jpg
志賀 浅間方面
f0224736_13173974.jpg
八ヶ岳方面
f0224736_13182631.jpg
五竜岳方面
f0224736_13191237.jpg
270度の展望です。

おおぎ雪渓で休んだおかげで、心臓と呼吸が楽になって、まだまだいけると思ったのもつかの間、丸山ケルンを過ぎると足がつらくなってきました。

無理は禁物なんですが、目の前に見える唐松岳に引き付けられている気がして、もう少し行ってみることにしました。



[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2018-08-20 14:20 | Comments(0)

北アルプスと榎田踏切から

店長 : 暦の上では、とっくに一年の後半戦に入っているわけですが、実感としては、お盆過ぎから

     一年の後半戦と言う気持ちが、強くなります。

米つぶ : 当店としては、ここからが一年の山場ともなります。

店長 : 今秋は、稲の成長が一週間は早い感じですので、新米商戦に突入するのも、もうまじかです。

こちらは、8月15日朝の北アルプスの残雪の様子です。

いつもの場所から、出勤時に撮影です。

大糸線の上りのジーゼルが、写っているということは、また遅刻気味です。

f0224736_11120911.jpg
随分と残雪が、少なくなりました。 
f0224736_11125076.jpg
こちらは、夕方の榎田踏切です。

帰り際、またまた遮断機が下りて、車の中から撮影です。

田んぼの様子も、心持ち黄色味がかって見えます。
f0224736_11141881.jpg
心配された酷暑の影響も、10日ほど前から良い雨がふって、稲が回復してきました。

あとは、台風の心配でしょうか?

米つぶ : 夕方の下りのジーゼルが写っているということは?

店長 : 地獄の窯も休むという、盆の15日ですから、当店も早じまいです。





[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2018-08-16 12:45 | Comments(0)

やっと、ひと心地付きましたね!

店長 : 1ヵ月続いた猛暑も、一雨来てようやくひと心地付きました。

米つぶ : しかし、体力も消耗していますので、ご自愛ください。

店長 : 田んぼに、猛暑の影響が出始めているようなので、西川原の実験田を見回りです。


f0224736_10493971.jpg
ここは、北アルプスからの雪解け水が豊富な所で、水の心配が全くありません。

用水には、とうとうと冷たい水が、流れています。 

f0224736_10540278.jpg
稲姿も、扇型に開いて太陽を、いっぱい浴びてます。

   
f0224736_10553778.jpg
有機肥料で栽培し始めて、3年目。 

地力もついて、茎の太さと硬さが大したもんです。しっかり栄養を吸い上げています。 

暑さに負けない体力を、つけていると言うところです。


f0224736_10583921.jpg
コシヒカリの稲の開花が、盛んです。 花が開いて受粉まで2時間の勝負ですが、受粉を邪魔する、風と雨の心配はありません。

しっかり実ってほしいもんです。



[PR]
# by kome-no-tubuyaki | 2018-08-09 11:08 | Comments(0)